autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 富士重工、軽自動車の生産を終了~軽自動車生産工場は登録車生産工場へ転換~

自動車ニュース 2012/2/29 13:14

富士重工、軽自動車の生産を終了~軽自動車生産工場は登録車生産工場へ転換~

2012年2月29日、富士重工業は軽商用車サンバーの生産を終え、全ての軽自動車の生産を終了する。

軽自動車を生産してきた群馬製作所本工場(群馬県太田市)は3月以降、登録車生産工場へとリニューアルし、トヨタ自動車との共同開発車であるSUBARU BRZ/TOYOTA 86の生産を開始、さらに2012年度中にインプレッサの生産を開始する予定だ。

スバル車の生産は1958年、日本の国民車と絶賛された軽自動車「スバル360」から始まった。その後サンバー、レックス、プレオ、ステラなど54年間で延べ9車種、約7,968千台を生産。

スバルの軽自動車は乗用車、商用車共に4輪独立サスペンション、4気筒エンジン、CVT(無段変速機)の採用や4WDの展開など、登録車並みの機構や商品性を特長とし、好評を得てきた。

本日の生産終了に先立ち、同社では2月28日に社員、役員、OB等の出席のもと、サンバーの生産終了式典を実施。

式典で吉永社長は

「多くのお客様から惜しまれながら生産終了を迎える製品を持てたことは、メーカーとして大変幸せなことです。あらためて、お客様をはじめとする、関係者の皆様に感謝を申し上げます。」

と述べた。軽自動車は引き続きダイハツ工業からOEM供給を受け、スバル販売店において販売していく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!