autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス CT200h 実燃費レビュー【総評編】

燃費レポート 2011/2/28 16:57

レクサス CT200h 実燃費レビュー【総評編】(1/2)

関連: レクサス CT Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス CT200h 実燃費レビュー【総評編】

ハンドリング、静粛性、インテリアの質感は高く評価できるが・・

横浜でのレクサス CT200h 試乗会

レクサス CT200hで檜原街道を通り、山梨県境を回ってみて得られた収穫は大きかった。横浜のメディア試乗会のみであれば分からなかった、CT200hの一面を知ることができたからだ。

CT200hは、アンバランスなクルマである。

時速60キロまでの静粛性としっかりしたハンドリングは、プリウスやHS250hなどを大いに凌いでおり、レクサス(トヨタ)のハイブリッドカーにおける着実な進化を示していた。

レクサス CT200hを試乗する金子氏

インテリアの質感なども高く、「さすが、レクサス。高いだけのことはある!」と感心していた。

コーナーでのハンドリングも確かなもので、「運転して楽しい、初のトヨタ(レクサス)」とも喝采を送った。各セクションでの燃費値も優れていたから、レクサスのハイブリッドカーの真打ち登場か、と思っていた。

だが、喜びは長くは続かなかった。高速道路で、ロードノイズが一気に増大してきたのには、とても驚かされた。一般道との、あまりの違いの大きさに唖然とさせられた。こんなに違いの大きなクルマを、他にちょっと思い出せない。

試乗車は、バージョンLというグレードにいくつかのオプショナルが装備され、販売価格が470万円を超えていたから、なおさら驚かされた。

CT200hは、とても高級で最先端を行っている部分と、そうではない部分との差が激しく、戸惑ってしまうほどだった。

さらに、最新のレクサスであるCT200hには、ひと言付け加えたいことがある。

僕は、レクサスの日本導入とブランドビジネス化をテーマとした『レクサスのジレンマ』という本を書いて以来、すべてのレクサスに国内外で乗り、開発担当者にインタビューしてきた。

走りっ振りは各車それぞれだったが、レクサス全車に共通している欠点として指摘し続け、開発担当者からも「取り組んでいます」と返答されながらも、一向に改まらず、このCT200hでも何ら改善が見られていない点がある。

レクサス CT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円