autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス CT200h 実燃費レビュー【高速道路編】

燃費レポート 2011/2/24 16:43

レクサス CT200h 実燃費レビュー【高速道路編】(1/2)

関連: レクサス CT Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス CT200h 実燃費レビュー【高速道路編】

操作感が良いパドルシフトと気になるタイヤのロードノイズ

レクサス CT200h パドルシフト付ステアリング

上野原インターから、中央高速道路に乗る。

檜原街道のワインディングロードでも活用させてもらっていたが、CT200hにはカチッとした操作感が好ましいパドルシフトがハンドル裏に付いている。

左のパドルを手前に引くとエンジンブレーキが少し掛かり、同時にメーターパネル左側のモーターの働きを示すインジケーターがタコメーターとギア表示に切り替わる。

これも、ガジェットと言ってしまえばガジェットだけれども、切り替わりの鮮やかさで感心して眺めてしまう。

中央道 上野原IC近く八王子ジャンクション

中央高速をしばらく走った後、圏央道に逸れ、関越自動車道から東京に戻ることにする。

圏央道は交通量も少なく、道もなだらかで走りやすい。

そうしたところで気になってきたのが、ロードノイズだった。舗装が切り替わるところ、ハンドルの切れ角度が多目になってタイヤの抵抗が増えると、ゴーッというノイズが急激に増大してくる。

速度が時速60キロを越えると、ノイズのボリュームは大きくなっていく。

午前中に、甲州街道や国道16号を走っていた時も時速60キロ付近からのノイズは聞こえてはいたが、それは限定的なものだったから気にならなかったのだろう。

こうして、圏央道で同じ速度域で走り続けてみると、タイヤが路面と擦れる音がサスペンションを伝播してボディに伝わり、ボディ内部でこだましている。

横浜のメディア試乗会では、CT200hには透湿防水素材の「シンサレート」が用いられていると開発担当者から聞いた。アウトドアウェアなどに用いられているシンサレートである。

運動中の人間の皮膚から発散される蒸気は排出するが、粒子の大きな雨粒は通さずに防水するという優れた素材で、僕もスキーウエアや登山ウエアでいつもお世話になっている。

そのシンサレートを厚さ30数ミリに成形し、遮音財としてCT200hのボディ各部に充填してしてある。

シンサレートは、日本のスリーエムが特許を持っていて、「高価格なので、プリウスには使いたくても使えない」そうだ。しかし、せっかくのシンサレートの効果も、今回のテストで“一般道では”という但し書きを付けざるを得なかった。残念だ。

レクサス CT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円