autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス CT200h 実燃費レビュー【ワインディング編】

燃費レポート 2011/2/22 14:31

レクサス CT200h 実燃費レビュー【ワインディング編】(1/2)

関連: レクサス CT Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス CT200h 実燃費レビュー【ワインディング編】

秋川渓谷のワインディングでCT200hを試す!

檜原街道 看板檜原街道を進みます

JR武蔵五日市駅を過ぎて秋川沿いに西に向かう都道33号は、檜原街道と呼ばれる。東京都西多摩郡檜原村を通るからだ。

その名の通り、駅を過ぎると山々が間近に迫り、“ここが東京都なのか!?”と驚かされる。と同時に、街道のカーブの曲率は厳しくなり、傾斜が増していく。

CT200hは、檜原街道に入って本領を発揮していった。

さきほどの甲州街道でも感じたハンドルからの手応えと情報量が、コーナーの連続する檜原街道でドライビングを味わい深いものにしてくれる。

たとえば、こうだ。コーナーを前にして、スロットルペダルから右足を離す。エンジンブレーキだけで済む場合もあれば、フットブレーキを踏み込む必要がある時もある。

いずれの場合も、CT200hは瞬時に回生ブレーキモードに入る。ホイールの回転エネルギーでモーターを回し、発電した電気を充電する。メーターパネルの向かって左側にあるインジケーターの“power”ゾーンに入っていた針が、一気に“charge”ゾーンに振れる。

コーナーに入ってハンドルを切っていくと、タイヤの抵抗がプログレッシブに増していくのが手の平を通じて感じられてくる。サスペンションが縮み、ボディがロールしていく。

コーナーの頂点を過ぎたところでハンドルを戻し、再びスロットルペダルを踏み込んでいくとインジケーターの針は“power”ゾーンに振れていく。

レクサス CT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円