autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス CT200h 実燃費レビュー【一般道編】 2ページ目

燃費レポート 2011/2/16 11:39

レクサス CT200h 実燃費レビュー【一般道編】(2/2)

関連: レクサス CT Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス CT200h 実燃費レビュー【一般道編】

良好なステアリングの手応え、一般道での燃費も上々

レクサス CT200hを一般道で試乗中の金子氏

レクサス CT200hの印象を好くしているのは、まずハンドルからの手応えだ。

走り出し、直進からハンドルを回した時に、あまり軽過ぎない。適度な抵抗感を伴いながら、その抵抗感が“いま、タイヤがどれだけ切れていて、クルマがどの方向に向かおうとしているのか”ということが、情報として手の平に伝わってくるのだ。

プリウスやもっと大きな排気量のエンジンを搭載したレクサス HS250hでは、その情報がとても乏しかった。クルマを運転しているというよりも、文字通り電車にでも乗せられているようにほとんど反応が返ってこなかった。

それが、トヨタのハイブリッド専用車に共通する大きな不満だった。

レクサス CT200h
レクサス CT200hレクサス CT200hと金子浩久氏

でも、CT200hは違う。

切れば切っただけ、切らなければ少しだけクルマが向きを変えるのがわかる。ちゃんと反応してくれる。誰かに挨拶して、こっちの目を見て気持ちのいい返事が返ってくるようなものだ。

乗り心地もいい。路面からのショックや振動をうまく抑え込み、適度にフラットな姿勢を維持しながら走る。

甲州街道では、府中の手前辺りで小さな渋滞がいくつかあったが、国道16号を経て、JR武蔵五日市駅前までの49.2キロは20.5km/Lの燃費を記録した。上々の値だと思う。

レクサス CT200h 実燃費レビュー

レクサス CT200h 実燃費レビュー 一般道編の燃費は「20.5km/L」でした

一般道の燃費測定は東京の飯田橋をスタート。外堀通りを経て、四谷駅前から甲州街道を西へと向います。

午前中の甲州街道は配送トラックがひっきりなしに走り、おまけに新宿、笹塚、上高井戸、調布、府中と、主要なポイントではやはり渋滞に巻き込まれました。

国立府中インター入口の信号を直進、旧甲州街道(新奥多摩街道)を、立川方面へと進みます。

日野橋を過ぎてから拝島までは、交通量も少なくなり、レクサスCT200hは快調に走ります。拝島からは都道7号線に入り、JR武蔵五日市駅を目指します。とりあえず一般道の燃費測定区間はここまで。

飯田橋からの走行距離は49.2km、平均燃費はリッター20.5kmとなりました。

【一般道編】走行ルート:飯田橋~甲州街道~新奥多摩街道~/実燃費:20.5km/L

筆者: 金子 浩久

レクサス CT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円