autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 フーガハイブリッド 実燃費レビュー【総評編】 2ページ目

燃費レポート 2011/2/1 19:17

日産 フーガハイブリッド 実燃費レビュー【総評編】(2/2)

関連: 日産 フーガハイブリッド Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
日産 フーガハイブリッド 実燃費レビュー【総評編】

他メーカーとは違う“日産らしい”ハイブリッドカー

フーガに乗ると、いつもインテリアに魅せられる。

一本として同じアールを持った曲線がなく、素材と色が多彩で、それらのコンビネーションがとてもよく吟味されている。

フーガの前身であるセドリックとグロリアがトヨタ クラウンとの競争に敗れてからもうずいぶん経つが、このインテリアを見る限り、フーガは独自の道を歩み始めていることがわかる。

クラウンが、コテコテのニッポン土着路線まっしぐらなのに対して、フーガは“世界の中の日本車”を目指している。

ちょうど昨年の今頃に、オートックワンでインタビューした日産自動車デザイン部の青木護さんはそう語っていたし、青木さんに合う前からも僕にはそう見えていた。

日産 フーガ シート日産 フーガ ドア内張り

フーガに乗る度、艶っぽくて凝った作りのインテリアを満喫している。撫でたくなるようなシートやドア内張りなどは、ハイブリッド版でも変わらない。

「この感じ、この感じ」

ダッシュボードのスタートボタンを押しても、エンジンは掛からない。“出発準備OK”のサインがメーターパネルに点灯する。

シフトレバーを“D”に入れて走り出すと、フーガハイブリッドはモーターだけで走り出した。タイヤが路面と擦れる音と、風切り音がホンの微かに聞こえてくるだけで、無音で走る。

さすが、フーガは高級車だけあって、プリウスのEVモードや三菱 i-MiEVなどよりも、遮音性に優れていて、車内の静粛性はとても高い。

プリウス以降、様々なハイブリッドカーが生まれてきたが、これ程静かなクルマは初めてだ。

カタログ上の燃費値をコンマ1でも上げるために、殆ど全てのハイブリッドカーは軽量化に努め、ボディ各部の遮音材などを最小限にした結果、実はそれほど静かな訳ではなかった。

だがフーガハイブリッドは違う、本当に静かなのだ。さすがは高級車だ。

そして、電気だけで走るEVモードの距離が長い。勝手知ったルートで他のハイブリッドカーと比較してみても、確実にEVモードで走る距離が長かった。フーガハイブリッド最大の特長である、走行中のエンジン停止も鮮やかだった。

中村史郎さんが言っていた通り、フーガハイブリッドは他メーカーのハイブリッドとはひと味違った、日産らしいハイブリッドカーだった。

筆者: 金子 浩久

日産 フーガハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガハイブリッド の関連記事

日産 フーガハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガハイブリッド の関連記事をもっと見る

日産 フーガハイブリッド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20