autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 ジューク 実燃費レビュー【ワインディング編】

燃費レポート 2010/8/23 14:19

日産 ジューク 実燃費レビュー【ワインディング編】(1/2)

関連: 日産 ジューク Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
日産 ジューク 実燃費レビュー【ワインディング編】

量産車世界初となる「デュアルインジェクター」の実力は

西湘バイパス 橘料金所

新湘南バイパスから西湘バイパスへ出た。7月半ばだというのに、海沿いの道と街はもう完全に夏休みに入っていた。

西湘バイパスの荒れた舗装路面でも、ジュークは快適な乗り心地だった。ハーシュネスをうまく抑え込み、速度が上がったからといって急に騒々しくなったり、ドタバタすることはなかった。

西湘バイパスから、箱根新道に入る。

日産 ジューク日産 ジューク

ここからはずっと登りが続く。いつもはトラックが多いが、今日は珍しく空いている。ペースを一定に保てるから、走りやすい。ジュークは、いいペースでコーナーをクリアしながら上がっていく。

ジュークのエンジンは、HR15DEという1.5リッター4気筒。

運転していても気付かないが、このHR15DEは1気筒当たり2つの燃料噴射インジェクターを持っている世界初の量産エンジンなのだそうだ。狙いは、燃焼効率の安定だ。

同じように、吸気側と排気側の両方に可変バルブタイミング機構を備えるなど、凝ったメカニズムを採用している。114馬力の最高出力と15.3kg・mの最大トルクを発生しているが、箱根新道ではレスポンスに優れ、伸びのよい加速を示していた。

CVT(無段階変速トランスミッション)も、エンジンに劣らずいい仕事をしている。ベルトによる無段階変速機に2段の副変速機を組み合わせ、レスポンスの向上が図られている。

CVTは、構造上どうしてもエンジン回転の上昇と速度の上昇がズレたように感じてしまい、反応が鈍くなってしまっていたが、それは最小限に抑えられていた。

日産 ジューク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21