autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSI 実燃費レビュー【総評編】

燃費レポート 2010/6/15 10:44

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSI 実燃費レビュー【総評編】(1/2)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSI 実燃費レビュー【総評編】

良好な燃費と実用性・快適性の高さは20年でも乗り続けられる

ゴルフ 1.2TSIトレンドライン
ゴルフ 1.2TSIトレンドラインゴルフ 1.2TSIトレンドライン

こうして都内から筑波山を往復する間で、トレンドラインには何度もうれしく驚かされた。

1.2リッターにターボチャージャーをひとつ組み合わせただけのエンジンなのに、道路を選ばず良く走る。カタログ値を大きく凌駕するほどの好燃費に、快適な乗り心地と静粛性。実用性と多用途性がよく考慮されているインテリアやシートアレンジ。

ユーザーに何の犠牲や我慢を強いることなく、求められる要求を高いレベルで実現している。それを円グラフで表すとすると、真円に近い、径の大きな丸が描けるはずだ。

長距離が苦にならず、新車から10年なんて朝飯前。ユーザーのライフステージを問わずに、15年あるいは20年でも乗り続けられるだろう。実用車の鏡だ、と言い切っても構わない。

ゴルフ 1.2TSIトレンドラインと金子氏

実用燃費とカタログ燃費の違いについては、今回とても考えさせられた。

カタログに記載されている燃費値というのは、10・15モード走行という国土交通省によって定められた走行パターンによって計測されたものである。それは、輸入車も、日本車も変わりはない。

しかし、実際に走行した燃費がカタログ値を上回ったことなど、これまでなかった。カタログ値は、“現実とかけ離れた参考値”と了解していたから、実際に走行した燃費の方が悪くても気にしていなかったのだ。

日本車のハイブリッドカーなどの中には、浮世離れした値をカタログに記載していて、実際に走ると、まったく及ばないというパターンが少なくない。

燃費を意識した(というか、数字のために他のすべてを犠牲にして)運転をしなければ、カタログ値に近付かない測定方法に、そしてそのことだけに血道を上げているクルマって、誰のためになっているのだろうか?ユーザーのため?メーカーのため?そして、社会のため?

誰のためにもなっていないと思う。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円