autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート ホンダ CR-Z 実燃費レビュー【ワインディング編】 2ページ目

燃費レポート 2010/4/27 11:50

ホンダ CR-Z 実燃費レビュー【ワインディング編】(2/2)

関連: ホンダ CR-Z Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
ホンダ CR-Z 実燃費レビュー【ワインディング編】

多すぎる3つの制御モード

ループ橋の袂にある駐車場に入ると、中津川をせき止めて造られた滝沢ダムと雷電廿六木橋だった。1998年竣工と、そんなに古くない。

橋を渡り切ってトンネルを抜けると、滝沢ダムの真横に出た。展望スペースになっており、CR-Zを停めて、雄大な景色を楽しんだ。

ホンダ CR-Z

CR-Zのドライブトレインには、「3モードドライブシステム」が備わっている。走行シーンやドライビングスタイルの違いに合わせて、走りのテイストを選べる。

エンジン、モーター、トランスミッション、電動パワーステアリング、エアコンなどを統合して制御し、「ECON」モードでは燃費向上を、「SPORT」モードではエンジンレスポンスを高め、加速時のモーターアシスト量を増やし、パワーステアリングのアシスト量を減らし、手応えのあるステアリングフィールにしている。

「NORMAL」モードは、その中間だ。6段MTとCVTでは制御方法が少し異なるのだが、結論から言うと、3つは多過ぎる。「NORMAL」と「ECON」のふたつで十分。

「NORMAL」ひとつでも構わない。特に6段MTでは、システムに任せなくても、ドライバーが自らのスロットルワークで調整可能な範囲にあるからだ。

ホンダ CR-Z
ホンダ CR-Zホンダ CR-Z

このシステムに限らず、走行モードが複数から選択可能というクルマが時々あるが、“いくつものモードが用意されている”ということは、“最善の解がない”とも言い替えることができるわけで、僕は基本的に複数の制御モードを選べることの効果には懐疑的だ。

また、買った当初は、珍しいから、いろいろと試してみるだろうけれども、長く乗り続けるうちに慣れて(飽きて)しまって、そのうち使わなくなるのが関の山ではないか。

急峻な雁坂峠を抜け、山梨県側に入り、広瀬湖を横目にフルーツラインを南下し、JR塩山駅に着いた。ここまでの山間部の燃費が、16.0km/L。急な峠を越えて来たとは思えないほどの優秀な値だと思う。

しっかりしたフットワークとキビキビしたハンドリングによる、クルマを操る楽しみを享受できたことを考え併せれば、なおのこと納得がいく。

ホンダ CR-Z 実燃費レビュー 燃費結果

ホンダ CR-Z 実燃費レビュー ワインディング編の燃費は、「16.0km/L」でした

ホンダ CR-Z 燃費レビュー「ワインディング編」は、秩父鉄道 波久礼駅を出発し山間道方面へ。目指すは埼玉山梨唯一の越境ルート「雁坂トンネル」。

140号を寄居~奥秩父へと進み、ループ橋で有名な滝沢ダムで休憩。雁坂トンネルを抜け、フルーツラインを南下しJR塩山駅でワインディング編は終了。

気になる燃費は「16.0km/L」となりました。

【一般道編】走行ルート:池袋~川越街道~寄居~秩父/実燃費:17.1km/L

【ワインディング編】走行ルート:秩父 波久礼駅~長瀞~秩父市~塩山/実燃費:16.0km/L

筆者: 金子 浩久

ホンダ CR-Z 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-Z の関連記事

ホンダ CR-Zの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-Z の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-Z の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円