autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 エクストレイル 20GT 500km実燃費レビュー【400-500km】 2ページ目

燃費レポート 2010/4/12 10:49

日産 エクストレイル 20GT 500km実燃費レビュー【400-500km】(2/2)

関連: 日産 エクストレイル Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
日産 エクストレイル 20GT 500km実燃費レビュー【400-500km】

シートヒーター装備が無いのが唯一惜しいところ

日産 エクストレイル20GT

前席も後席も、シートヒーターが装備されていないのだ。

念のため、日産のウェブサイトを調べてみたが、他のグレードにもシートヒーターの標準装備やオプション装備として見当たらない。

エクストレイルをエクストレイルらしく使うのならば、寒い早朝や深夜の出発、ゲレンデやフィールドからの帰り道など、手がかじかんでいることが少なくないだろう。

そんな時に、シートヒートはドライバーと乗員に温もりを与えてくれる。エアコンのヒーターがあるじゃないか、と反論されるかもしれないが、車内の空気全体が暖まってしまうヒーターでは頭がボーッとしてしまう。

シートヒーターをオプションで選択できるようになっている他社のコンパクトカーなどがあるのだから、ぜひ、日産も設定するべきだと思う。

混んだ東名高速で、後席に乗せられていても、乗り心地は悪くない。ディーゼルはエンジンユニットが重いから、凹凸や突起を乗り越えた時に、車体前部の上下動の反動を受けて激しく上下動してしまうのではないかと危惧していた。

しかし、そんなことはなかった。しっかりと上下動を抑え込み、首都高速に抜け、神宮外苑絵画館前に戻って来ることができた。

この100km間の燃費は、14.9km/L。500kmを走った総合燃費は、14.8km/L。燃料タンク容量は65リットルだから、単純計算では960km以上無給油で走り続けることができる。この“長い足”は、大いなるポテンシャルだ。

14.8km/Lは、RVとして優秀な数字だ。繰り返し述べて来たように、エクストレイル20GTは燃費だけではなく、クルマとして、またRVとしての総合的な完成度が高い。

日産 エクストレイル 20GT(クリーンディーゼル) 燃費結果

日産 エクストレイル20GT

400-500km区間では、東名秦野中井から東京へ向かいます。

東名から順調に首都高3号へ入り、池尻出口で246号へ。渋谷駅を通過し、青山通りから外苑並木通りでゴール。スタートからおよそ11時間30分の旅となりました。

400-500km区間の燃費は「14.9km/L」、0-500km総合燃費は「14.8km/L」となりました。

筆者: 金子 浩久

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23