autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【総評編】 2ページ目

燃費レポート 2010/02/08 18:32

トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【総評編】(2/2)

関連: トヨタ マークX Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【総評編】

インテリアに見られる守りの姿勢

マークX インパネ

「6気筒エンジンを搭載した3ドアセダンという点がマークXのアイデンティティです。お客様も、それを強く求められています」メディア向け試乗会で、開発者はそう語っていた。

たしかに、マーク2とマークXは頑なに“6気筒のセダン”を守っている。守りの姿勢はいろいろなところに顔を出していて、そのひとつがインテリアデザインだ。

マークXが、誰がいつ乗ってもすぐに馴染める親しみやすさを持っていることは確かだ。それがリピーターの安心感に繋がる長所でもあるのだが、一方で退屈であることによってリピーターではない者には魅力を感じさせなくなっている。

せっかくモデルチェンジしたのだから、マーク2とマークXのDNAを残しながら、どこかハッとさせられるような新鮮味があったら良かった。リピーターを大切にすることは重要なことだが、それにとらわれ過ぎて開発姿勢までもリピートの連続では元も子もない。

またインテリアでは、造形だけでなく各操作部分の整理整頓もマイナーチェンジの際に必要だろう。安全や快適性、マルチメディアなど、最近のクルマの車内にはドライバーが操作するボタンやレバーが増殖する一方だ。

しかし、車内の表面積には限りがあるので、増殖は整理整頓しなければならない。重要度と使用頻度に応じてまとめる必要がある。

マークX センターコンソール

それに対して最もラディカルに取り組んでいるのがBMWのi-driveシステムだが、マークXにはその片鱗すらうかがえない。ダッシュボード中央部分の“特等席”に、時計の調整ボタンが、“H”“M”“S”と三つも並んでいるのが、いい例だ。

どうしても、この大きさとこの位置でなければならなかった必然性がうかがえない。

「マーク2の黄金時代を知る熟年層向けのセダン」というマーケットは必ず存在し、その重要性は今後さらに成長していくと思われる。だが、それにマークXで応え