autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

燃費レポート 2010/2/1 11:38

トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【vol.2 100-200km】(1/2)

関連: トヨタ マークX Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

マークXの最適な速度域とは

冬の平日なので、海沿いの国道134号線は夏のように混み合うことはない。50~60km/hでスムーズに流れている。舗装の良い路面では、このくらいの速度域がマークXは最も乗り心地がいい。

ここに来るまでの首都高速や横浜横須賀道路などで、コンディションがあまり良くない路面を70~80km/hで走行すると、タイヤが大きく上下動する様子が直接的に伝わって来て、舗装のつなぎ目や細かな凹凸などからの振動と騒音も遮断し切れていなかった。

それが60km/h前後に落ちてくると、ガラリと様子が変わるのである。騒音や振動だけではない。速度が下がったことによって、相対的にエンジン回転数も下がり、1,500から2,000回転前後を上下している。これがまた、静かなのだ。

アイドリングストップしているのではないか、というくらいエンジン音が聞こえてこない。風切り音やタイヤの擦過音にマスキングされてしまって聞こえないのではなく、60km/hぐらいまでの速度域だとマークXはクルマ全体がとても静かなのだ。

国道134号看板

「逗子のデニーズって、閉店しちゃったんですよね?」

国道134号沿いにあったファミリーレストラン「デニーズ」に、助手席に座っている編集部Yさんは思い出があるみたいだ。遠い眼をしている。

渚橋交差点のデニーズ跡地では、すでに別の外食産業の店が営業を始めていた。冬の海沿いは閑散としているが、サーファーとボードセイラーたちが気持ち良さそうに波間を独占している。

窓を開ければ冷たい風が吹き込んでくるが、マークXの車内は、いたってホンワカと楽ちんそのものだ。楽ちん過ぎて、運転していることさえ意識しなくなってしまう。

トヨタ マークX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21