autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート メルセデス・ベンツ E250CGI 500km実燃費レビュー【総評編】

燃費レポート 2010/1/26 17:13

メルセデス・ベンツ E250CGI 500km実燃費レビュー【総評編】(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ E250CGI 500km実燃費レビュー【総評編】

E250CGIは本質を徹底して磨き上げたクルマ

メルセデスベンツのダウンサイジングコンセプト第一号であるE250CGIは、その開発の狙いをほぼ達成していることが、500kmを走って確認することができた。

約550km走っての平均燃費が10.2km/L。塩沢石打インターチェンジから200km以上の一般道を走った結果が大きく影響している。高速道路の割合がもっと多ければ、当然のように燃費も伸びただろう。

その証拠に、400-500kmの区間燃費は、13.1km/Lと非常に優れた値を記録したからだ。本文中でも触れているように、E250CGIの価値はダウンサイジングコンセプトによる燃費に優れたエンジンを搭載していることだけではない。

クルマの本質的な部分を、あらゆる方向から徹底して磨き上げ、完璧なまでにスキのない機能を提供しているところにある。だから、長距離の運転を頻繁に繰り返すユーザーが長く乗り続ければ、価格の何倍以上もの価値を享受できることだろう。

気になったのは、高速道路での追い越しなどでシフトダウンした時に、2600回転から2700回転に掛けて排気音が籠って聞こえることだ。

その後のシフトアップで回転数はもっと下がるので籠り音が続くことはなかったが、山道での登り坂や下りでのエンジンブレーキを多用する時に3速や4速に入りっ放しだと、うるさく感じるだろう。他のEクラス各車が採用している7速ATが採用されたら、様子は変わってくるかもしれない。

また、扁平率の高い18インチタイヤやスポーティな専用装備をまとった「AMGスポーツパッケージ」の存在などは、E250CGIの魅力と実力を引き立てているようには特に考えられなかった。

好きずきだが、試乗の際にはスタンダードとアバンギャルドの双方に乗ってみることを強く勧める。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円