autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート フォルクスワーゲン ゴルフGTI 実燃費レビュー【vol.5 400-500km】 2ページ目

燃費レポート 2009/10/29 12:00

フォルクスワーゲン ゴルフGTI 実燃費レビュー【vol.5 400-500km】(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフGTI 実燃費レビュー【vol.5 400-500km】

500km走破しても疲労の無い優秀なクルマ

ゴルフGTI フロントシートゴルフGTI ヘッドレスト

S編集長が指摘していた、負担が掛かった加速時のエンジン音のこもりを助手席に座って確認してみた。たしかに、ボディが共振して、低音がこもる。そして、それは首の位置を少しズラしただけで聞こえ具合が変わってくる。

「このシートは疲れませんね」S編集長が、溜め息とともにつぶやいた。僕も、500kmの終盤に近づくと、他のクルマでは疲れを感じ、運転中にも無意識のうちに姿勢を変えたり、ノビをしたり、停車中にはアシストグリップを握って座りながらストレッチしたりしていたが、ゴルフGTIではまったくそれをしないで済んでいる。

いかにゴルフGTIのシートが優れ、長距離走行での疲労が少ないかを物語っている。

「でも、このクルマってシートだけが優れているんじゃなくて、クルマそのものが土台からしっかりしているような気がしてきました」

長距離走行でのシートの重要性には人一倍敏感なS編集長の言葉が、ゴルフ GTIの素性を見事に言い表している。間違いなくシートも優れているが、シートが据え付けられているクルマそのものの優秀性との相乗効果によって、ここまで長距離走行を快適なものに仕上げているのだ。

ゴルフ TSIトレンドライン

おそらく、これはGTIというスポーティ版だけに突出したものではなく、ゴルフシリーズ全体に共通するものではないか。

ダウンサイジングコンセプトで設計された1.4リッター4気筒ガソリン直噴エンジンと7速DSGを組み合わせた「ゴルフ トレンドライン」でも、長距離はお手のものではないか。

スポーティ版でありながら、実用車としてのバランスの高さを持つGTIを運転すると、そんな気がしてくる。

フォルクスワーゲン ゴルフGTI 400-500km燃費

400-500km燃費は「11.6km/L」

400km-500km区間は、0-100km区間と逆の関越道 上里SAから後楽園までの、ほぼ高速での移動となった。

5kmほど渋滞に巻き込まれた燃費は、400-500kmが「11.6km/L」、0-500kmの総合燃費は「11.0km/L」という結果になった。

0-100km:区間燃費13.1km/L 総合燃費13.1km/L(首都高速~外環~関越道 上里SA)

100-200km:区間燃費12.3km/L 総合燃費12.7km/L(関越道 上里SA~上信越 千曲川さかきPA)

200-300km:区間燃費8.5km/L 総合燃費11.1km/L(千曲川さかきPA~信州中野IC~渋峠)

300-400km:区間燃費10.6km/L 総合燃費10.9km/L(渋峠~榛名湖~伊香保~関越 上里PA)

400-500km:区間燃費11.6km/L総合燃費11.0km/L(関越道 上里SA~外環~首都高速)

筆者: 金子 浩久

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円