autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス HS250h 実燃費レビュー【総評編】

燃費レポート 2009/9/30 15:00

レクサス HS250h 実燃費レビュー【総評編】(1/2)

関連: レクサス HS Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサス HS250h 実燃費レビュー【総評編】

HS250hは、かつての「トヨタ プログレ」に似ている

vol.1より。HS250hと金子浩久氏
vol.2より。煌めきの丘にてHS250hと金子浩久氏道の駅 天城越えにてHS250hと金子浩久氏

レクサス初のハイブリッド専用車であるHS250hには、まだまだ伸び代がある。ハイブリッドとアイドリングストップならではの静粛性は、プレミアムブランドのレクサスにふさわしいものがあった。高い静粛性は、高級車に欠かせない。

しかし、路面の違いによる乗り心地の差の大きさは、今後のサスペンションの改良が待たれるところである。サポート力が貧弱なシートも、再考を願いたいところだ。

それらを、マイナーチェンジなどで改良を施すことによって、HS250hは“小さな高級車”、それもハイブリッドという最先端技術を身にまとった魅力的な一台となることだろう。

プリウスの倍近い価格を受け入れることのできる余裕があり、レクサスのクオリティとサービスを望む人には、自信を以て勧められるだろう。

そういった人というのは、年配層が多いのだろうか。運転中、何度となく、S編集長とユーザー像を想像してみた。ループタイの人というのはその一例で、やはり、中高年しか思い浮かばなかった。 現実に、このクルマを購入できる経済力を持つのは中高年に偏るのだろうが、中高年といってもいろいろいる。

また、S編集長と意見が一致したのは、HS250hがかつてのトヨタ・プログレによく似ていることだった。

小さくて高級というコンセプトが似ているし、中高年に好かれそうなところもソックリだ。デザインが老成しているところだって、一緒。

プログレは静かで、乗り心地が良かった。特に、後席は感動モノだった。でも、プログレはハンドルがよく切れ、ボディの見切りもいいところがHS250hと違っていた。

レクサス HS250h フロントスタイリングレクサス HS250h サイドビューレクサス HS250h タイヤ&アルミホイールレクサス HS250h テールランプレクサス HS250h トランクルーム

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円