autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサスHS250h 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】 2ページ目

燃費レポート 2009/9/23 03:00

レクサスHS250h 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】(2/2)

関連: レクサス HS Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
レクサスHS250h 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

レクサスに見られる、車内のスイッチの多さ

レクサス HS250h インパネ
レクサス HS250hと金子浩久氏レクサス HS250hと金子浩久氏

色はともかくとして、よく見るとHS250hの車内にはスイッチが多い。

レクサスのトップモデルであるLS460が登場した時にもそれを感じ、ドライバーによって動かすことができるスイッチやボタン、ルーバーなどを数えてみたことがあった。

なんと、LS460のスイッチの数は178!後席マッサージ機能付きのロングボディのLS460Lにいたっては、マッサージ機のリモコンのボタンが一気に増えるので、200を優に超えていた。今回は数えなかったが、あの時の感じに近いのだ。

現代のクルマでは、安全や快適性、エンターテインメントを充実させるための装備が増える一方だ。

しかし、車内にそれらの装備をそのまま設置できる表面積は限られているから、装備ひとつあたりの面積を小さくするか、頻度によって整理する必要が生じる。

後者の代表の嚆矢がBMWの「i-Drive」で、パソコンのような階層構造を形成していて、装備を整理している。

レクサス HS250h 走行イメージ
レクサス HS250h リアイメージ西伊豆スカイライン 看板

i-Driveほど徹底してはいないが、アウディは「MMC」、メルセデスベンツは「COMMAND」をそれぞれ使って、よく使う装備とあまり使わない装備を整理整頓して、安全運転に寄与し、インテリアをスッキリさせている。

HS250hにも、LS460にも、それがないのだ。増え続ける装備のスイッチ類を、野方図なままにしている。HS250hを購入して、クルマにも装備類の使い方にも慣れてくると、ほとんど使わない装備をどこかに仕舞いたくてもできないストレスを感じることになるのではないか。

解決策は、i-Driveのような集中管理デバイスを用いるしかないと思うのだが、LSの登場からもうずいぶん経つにも関わらず、同じ方法論を採っているということは、レクサスには何か独自の考え方があるのかもしれない。

反対に、装備の中でレクサスのオリジナルで使いやすく感心させられたのが、マルチモニター画面上にあるカーソルがコマンドに近付くと、自動的に引き寄せてくれるところだ。これは使いやすい。

レクサス HS250h 100-200km燃費

100-200km走行の区間燃費は14.2km/L
-200kmまでの総合燃費は14.4km/L総走行距離は202km

東名高速を沼津ICでおり、伊豆縦貫道に入り実は迷いながら海沿い国道414へ。

そこから県道17号で海岸沿いを走行し、沼津マリーナの先にある江浦湾の小さな突堤付近で記念撮影!

そこから所謂西伊豆スカイライン(無料)を走行し仁科峠付近までの100-200km走行の区間燃費は14.2km/L、0-200kmまでの総合燃費は14.4km/Lを記録した。

筆者: 金子 浩久

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17

  • レクサス
    LS

    新車価格

    854.8万円1,348.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円