autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート スバル レガシィ 実燃費レビュー【vol.3 200-300km】 2ページ目

燃費レポート 2009/8/12 13:00

スバル レガシィ 実燃費レビュー【vol.3 200-300km】(2/2)

関連: スバル レガシィツーリングワゴン Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
スバル レガシィ 実燃費レビュー【vol.3 200-300km】

評価を下すには、まだ時期尚早のスタイリング

日光市 川治ダム資料館前
金子浩久氏レガシィ走行イメージ

納得がいかないのは、やっぱり、スタイリングだ。

リアスタイルなどは、歴代レガシィのDNAをうまく昇華しているように見えるのだが、フロントがいただけない。ヘッドライトとフロントグリルが相対的に大き過ぎ、メッキや反射鏡などの“光りモノ”の、ボディ面やフロントガラス面に対する投影面積が広過ぎ、視覚的なバランスが少々曖昧な感じもする。

レガシィのスタイリングについては、様々に語られているから、今さら自分が付け加えなくてもいいだろうと思っていた。また、レガシィの商品企画者から聞いた話に、一応の納得はしていたのだ。

「初代レガシィを発表して20年が経過した。スポーツワゴンというジャンルを導き出し、確立することもできた」

たしかに、レガシィ以前は、ステーションワゴンという存在自体が一般的でなく、“ライトバン”と十把一絡げにされていた。その功績は大きいことに間違いない。

大笹牧場にて、レガシィと金子氏
日塩有料道路 料金案内日塩有料道(龍王峡ライン)路への看板

「イーグルアイシェイプのヘッドライトやサッシュレスドア、ブラックアウトされたDピラーなど、レガシィが特徴としてきたものを守るだけでは、それは予定調和というものではないでしょうか」たしかに、その通り。

「これまでのカラを破り、新しいレガシィを作りたい。特に、若手のデザイナーたちから、強い意欲を感じました」たしかに、その通りだろう。

若者は、すでに存在している“伝統”や“流儀”には、素直に馴染まないものだ。

そんな、意欲ある若者たちの想いと情熱をうまく導くのがリーダーの役割なのだろう。その難しさは、よくわかる。

以前に、BMWのデザイナーにインタビューした時に、言っていた。「日本の自動車メーカーのデザイナーが羨ましい。作られているクルマを見る限り、あまり強い制約を受けていないからだ。我々、ヨーロッパの自動車メーカーでは、自社の伝統を継承しながらでなければ、新しいスタイリングなど許されないからだ」

レガシィのスタイリングに評価を下すのには、もう少し時間を掛けたい。

200-300KM燃費

日塩もみじラインから川治ダムを抜け県道169を通り霧深い大笹牧場へ。昼食にジンギスカンを食べて腹ごしらえ。そこから県道245を通り日光を抜け、いろは坂を気持ちよく駆け抜け中禅寺湖へ到着。この区間の100km燃費は、8.8km/lを記録、スタートからの0-300km走行の総合燃費は10.5km/lとなる。

筆者: 金子 浩久

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25