autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート スバル レガシィ 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】 2ページ目

燃費レポート 2009/8/10 11:00

スバル レガシィ 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】(2/2)

関連: スバル レガシィツーリングワゴン Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
スバル レガシィ 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

ボディサイズを感じさせないハンドリング

走行イメージ

「もみじライン」に入ってすぐに、レガシィは、俄然、活き活きとしてきた。連続するコーナーをクリアしていくたびに、クルマとの一体感が生まれていく。

今朝、東京国際フォーラムの前を出発した時に感じた、大きくなったボディサイズのことなどどこかに消し去られてしまった。

コーナーへの進入スピードとコーナーの径に正確に反応し、レガシィはボディを滑らかにロールさせながら、進んでいく。

舵の切り方と分量にシンクロして曲がっていく様子は、歴代のレガシィが持ち続けている美点を継承している。ボディは大きくなったのに、その大きさを感じさせないハンドリングが、操る楽しさを生み出している。

レガシィを運転中の金子浩久氏

大きなクルマで急な山道を走るのは、時に厄介に感じることがあるが、レガシィには当てはまらない。舵が、とてもよく効く。

だが、欲を言わせてもらえば、スロットルを少し戻した時にサスペンションと駆動系統から感じられるバタ付きが気になる。

スロットルペダルを踏み込み、加速している間には感じられないのだが、加速を一旦緩めた時に微細な振動がステアリングホイールやシートを伝わって感じ始められるのが気になる。加速すれば、収斂するのだが。

100-200KM燃費

東北道を西那須野塩原ICで降り、国道400号から日塩もみじラインを走行。ワインディングを気持ちよくドライブしたこの区間の100km走行した燃費は、10.5km/lを記録し、スタートからの0-200km走行の総合燃費は、11.6km/lとなる。

筆者: 金子 浩久

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25