autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ プリウス 実燃費レビュー【vol.3 200-300km】 2ページ目

燃費レポート 2009/7/22 17:00

トヨタ プリウス 実燃費レビュー【vol.3 200-300km】(2/2)

関連: トヨタ プリウス Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
トヨタ プリウス 実燃費レビュー【vol.3 200-300km】

よく吟味されたメーターパネルと、疑問の残るセンターコンソール

トヨタ プリウスを運転中の金子浩久氏

これは、オーリスに初めて乗った時と感想は変わらない。インテリアの造形をどこか少し変えようとした気持ちは理解できるが、使い易さや有効な空間の確保などに結び付いているかと言うと、大いに疑問だ。

オーソドックスな“壁面”タイプのダッシュボードと、床に密着したセンターコンソールでは目先を変えることが難しかったのかもしれないが、この「フライングバットレス調センターコンソール」は運転席回りを狭くしているし、ドライバーの左ドアから出入りをほぼ不可能にしている。

どうせやるなら、ボルボ各車の「センタースタッキングコンソール」のように、もっとスリムなものにすれば、有効な空間を無駄にしなくて済んだだろう。

プリウス メーター画面

しかし、一番奥にあるメーターパネルは、よくできている。

何がハイブリッドカーに必要な情報表示なのか、よく吟味され、レイアウトとデザインが行われている。ガソリンをあまり喰わないのだから必要最小限のコマ表示で構わないわけだし、エンジンだけが単独で回転を上げ下げする状況がほとんどないわけだから回転計だって必要ない。

そうした、オーソドックスなガソリン車からの見直しを丁寧に行い、必要要素に優先順位を付け、見やすくデザインされている。

日本車にしては、珍しくクールで、モダンで、好感が持てる。旧型プリウスよりも進化しているし、10年、2世代作り続けられて来た実績がものを言っている。

駐車場でテールゲートを開けてみるが、荷物スペースだって心配していたほどに狭くなってはいなかった。インサイトに比べ、プリウスは大きなバッテリーと制御ユニットを使っているので、その分のスペースが喰われてしまっているのではないかと危惧していたが、杞憂だった。

カタログデータ同士の比較では、奥行き3センチ、幅5~10センチ、インサイトよりも広いが、実際にはもっと広く感じる。

筆者: 金子 浩久

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22