autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ プリウス 実燃費レビュー【vol.1 0-100km】 2ページ目

燃費レポート 2009/7/16 13:00

トヨタ プリウス 実燃費レビュー【vol.1 0-100km】(2/2)

関連: トヨタ プリウス Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
トヨタ プリウス 実燃費レビュー【vol.1 0-100km】

明らかにクルマとして成熟した、新型プリウス

大通りに出て、エンジンを併用するようになっても、プリウスは静かだ。旧型も静かだったが、新型はより静寂性が高まった。

エンジンやモーターなどの騒音が低くなったと同時に、タイヤが路面と擦り合うノイズも車内に入って来る量が減った。

また、スロットルペダルから足を放し、モーターを発電機として使う回生ブレーキを効かせている音も低減された。旧型は、丸ノ内線がホームに入って来た時のような音が目立ったが、今度のプリウスではほとんどわからなくなった。

首都高速に乗ってスピードを上げると、プリウスの進化はより一層明らかになった。

乗り心地も滑らかになり、静粛性の向上と併せて、走りっぷりがワンランク上質になった。

エンジン排気量が拡大され、パワーに余裕ができたから半ば当然のことなのかもしれないが、プリウスはクルマとして成熟したのだ。

その反面、旧型までは明らかだった“ハイブリッドカーらしさ”が希薄になった。クルマに関心がない人を助手席に乗せて走っても、新型プリウスは“よくできた静かなクルマ”ぐらいにしか思われないかもしれない。

旧型は、誰を乗せても“このクルマって、他のふつうのクルマとちょっと違うよね!?”と間違いなく言われていた。

技術の進化というものは洗練を伴うので、“ハイブリッドらしさ”が薄れるのは必然だとしても、それが商品性にどのくらい影響するものなのだろうか。

一宮御坂ICまでの中央高速道路は、快適な高速クルージングだった。

筆者: 金子 浩久

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22