autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート ホンダ インサイト 実燃費レビュー【vol.1 0-100km】 2ページ目

燃費レポート 2009/5/12 11:00

ホンダ インサイト 実燃費レビュー【vol.1 0-100km】(2/2)

関連: ホンダ インサイト Text: 金子 浩久 Photo: 吉澤 憲治(編集部)
ホンダ インサイト 実燃費レビュー【vol.1 0-100km】

まずはアイドリングストップの挨拶

まずは首都高4号線を八王子方面へ都庁から100㎞地点は一宮御坂の少し手前でした

都庁前を出発し、首都高速に乗るまでにいくつかの赤信号で停まる と、インサイトのエンジンが停止する。アイドリングストップだ。

フットブレーキから右足を離すと同時に、エンジンが再始動し、走り始める。燃費の向上には、アイドリングストップがとても効果が高いと言われている。

都心といってもまだ早朝だから周囲は静かなのだけれども、アイドリングストップでエンジンが停止すると、さらに静かになる。

今までは、アイドリング時のエンジン音と微かな振動が当たり前のこととして身体が憶えていたが、これからはアイドリングストップしないクルマに乗ると「停まっているのにエンジンを回している理不尽さ」に戸惑うのかもしれない。

渋滞にも巻き込まれず、順調に首都高速から中央高速道路へ入る。都庁前で走り始める前に、入念にドライビングポジションを定めたつもりなのだが、どうもシックリ来ない。

まず、デジタル表示されているスピードが、ステアリングリムの陰にちょうど隠れてしまって、まったく見えないのだ。

メーターパネルの中心には大径の青と赤に彩られたタコメーターが据えられ、その左右には電気のチャージとアシストインジケーターとガソリン残量計が位置している。

スピードは、それらの「2階」部分に表示されている。スピード表示を見えるようにすると、ステアリングが不自然な位置になってしまい、運転にふさわしいポジションにステアリングを持ってくると、ちょうどステアリングリムがスピード表示を隠してしまう。

シート座面の高さや背もたれの傾斜角度を変えてみても、どうもシックリ来ない。

引き続き100㎞-200㎞編もお楽しみに!

筆者: 金子 浩久

ホンダ インサイト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ インサイト の関連記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連記事をもっと見る

ホンダ インサイト の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19