autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ エスティマの実燃費をオデッセイ・アルファードと比較!【燃費レポート】 4ページ目

燃費レポート 2016/9/9 10:52

トヨタ エスティマの実燃費をオデッセイ・アルファードと比較!【燃費レポート】(4/6)

トヨタ エスティマの実燃費をオデッセイ・アルファードと比較!【燃費レポート】

トヨタ エスティマ 燃費レポート/郊外路編

トヨタ 新型エスティマ(2016年6月マイナーチェンジモデル)トヨタ 新型エスティマ(2016年6月マイナーチェンジモデル)

郊外路編では、ハンドリングと乗り心地についてお伝えしよう。

エスティマのハンドリングは、特にシャープであるとかロールが少ない、また運転していて楽しいといったような特徴は感じられない。かといって、大きな不満や問題を感じる部分もなく“中庸”という言葉がピッタリと当てはまる。

また、テスト車のエスティマにオプション装着されていた「パフォーマンスダンパー」の効果に関しては、非装着車に乗っていないので定かではないが、オプション価格は3万2400円と比較的安価なこともあって、オプション装着するのも良いだろう。

乗り心地は、筆者が最後に現行エスティマの2.4リッターガソリン車に乗ってからかなり時間が経っていることもあり、記憶が薄れているのだが、ビッグマイナーチェンジ前のモデルに比べれば若干良化しているように感じた。

しかし、高速道路の小さなジョイントのようにごく小さな段差では「コトン」という音を伴いながら乗り心地に高級感を覚えることもあるものの、道路の凹凸や路面の補修跡のようなところを通過すると不快とまでは感じないものの、300万円以上するクルマであることを考えると乗り心地には不満を感じてしまう。このことは、残念ながらビッグマイナーチェンジ前と変わっていない。

なお、乗り心地に不満を感じる傾向は、運転席よりも2列目シートだとより顕著だ。

乗り心地が決して良くないのは、ビッグマイナーチェンジ後のエスティマの2.4リッターガソリン車が18インチタイヤを履いていることも原因の1つと考えられる。

幸いなことに、タイヤサイズは18インチからレスオプションのような形で17インチ(2万7,000円安)、16インチ(スチールホイールになることも含め9万8,280円安)も選べるので、先々のタイヤ交換の費用を考慮するのであればインチダウンを検討してみるのも良いだろう。

トヨタ 新型エスティマ(2016年6月マイナーチェンジモデル)

郊外路での燃費は、オデッセイの2.4リッターとアルファードの2.5リッターの10.9km/Lとほぼ同等の「10.6km/L」を記録した。

信号が少ないためアイドリングストップの有無の影響も小さい郊外路といえど、エスティマと比較すれば新しいモデルといえるオデッセイ・アルファードの2台とほぼ同等の燃費を記録したことは高く評価できる。

トヨタ エスティマ 2.4リッターガソリン(2016年ビッグマイナーチェンジモデル) 郊外路における実燃費/10.9km/L

ホンダ オデッセイ 2.4リッターガソリン標準エンジン車(2013年登場モデル)郊外路における実燃費/10.9km/L

トヨタ アルファード 2.5リッターガソリン車(アイドリングストップ付き、2015年登場モデル)郊外路における実燃費/10.6km/L

トヨタ エスティマ 関連ページ

トヨタ エスティマハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20