autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】 2ページ目

燃費レポート 2009/4/13 13:00

トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】(2/2)

関連: トヨタ エスティマハイブリッド Text: 金子 浩久 Photo: 吉澤憲治(編集部)
トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費レビュー【vol.2 100-200km】

山間走行でも平均燃費12.4㎞/Lをマーク

房総スカイラインで内房から外房へワープ!平均燃費12.4㎞

房総スカイラインに入ってからは、コーナーとアップダウンが連続するがゆえに、やや強めのブレーキを連続して掛ける必要がある。タッチがあま り良くないのだ。グッと踏み込んだ時に必要なストッピングパワーを発揮してくれるのだが、ちょっとだけ減速したい時や踏み込んでから戻し、再び踏み込んだ時の感触が鈍く、ブレーキがどれだけ効いているのか反応に乏しい。

まったく踏まない状態をゼロとし、フルブレーキングを100に喩えるならば、その中間の25や50、75ぐらいの強さで踏んでも、その違いが明瞭に感じられない。なんとなく減速しているだけだ。

撮影のために何度か往復すると、同じ感触がステアリングからも感じられた。ステアリングをどれだけ切って、クルマがどれだけ曲がりつつあるかが、ハッキリと感じ取れない。ハイブリッドではないエスティマでは、このような感触を受けなかったので、これらの現象は重量がかさみ、4輪駆動を採用するエスティマ・ハイブリッド特有のものだ。もっとプログレッシブ(漸進的)に効いてくれたらいいのに。

一方、ハイブリッドの長所である燃費は平均値が向上し続け、ハイペースで尾根を上がり下がりしたにもかかわらず、12.4km/lに向上した。立派。

一般的に、「ミニバンは、重量が重く、前面投影面積が広いから空気抵抗が大きくなり、燃費が悪い」という定説が流布しているが、エスティマHVに限っては、それが当てはまらないようだ。 走行予定距離のまだ半分も来ていないから断定的なことは言えないが、燃費を向上させるというハイブリッド化の目的は、達成されているのではないか。そんな予感がした。

次回へ続く

こちらはEVモードスイッチです。サードシートも意外と広い。こんなに余裕もあります。さすがに広い!このスタイルで釣りでもしたいなぁ~リアエンターテイメントモニターを見ながら少々休憩ここは太東崎展望台広場 ここから先はハワイまで陸はありません。
筆者: 金子 浩久

トヨタ エスティマハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマハイブリッド の関連記事

トヨタ エスティマハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマハイブリッド の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマハイブリッド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29