autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 軽自動車の技術を取り入れた「トヨタ パッソ」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】 4ページ目

燃費レポート 2016/6/24 16:07

軽自動車の技術を取り入れた「トヨタ パッソ」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】(4/5)

軽自動車の技術を取り入れた「トヨタ パッソ」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】

トヨタ パッソ 燃費レポート/市街地編

トヨタ 新型パッソ

市街地編ではドライバビリティ(運転のしやすさ)、アイドリングストップの印象を中心にお伝えしたい。

パッソのドライバビリティは、ダイハツの軽乗用車と同様に太い低速トルク、CVTも含めアクセル操作に対してリニアでレスポンシブな、さらには全体的なマッチングやマネージメントの良いエンジンにより、深夜~早朝の流れの速い幹線道路でも浅いアクセル開度かつ低回転で流れに乗れることは高く評価できる。

アイドリングストップは、9km/hからエンジンストップが始まると公表されているが、実際の試乗では停止してからブレーキを踏み足すことでアイドリングストップが開始する事もある。

また、停止前からエンジンが止まる場合は停止寸前に「ガッタン」という不快な揺り返しを防ぐためにブレーキの踏力(踏み方)を微調整すると不必要なアイドリングストップが起きがちだが、そういったことが少ないのは好ましい。

トヨタ 新型パッソ

アイドリングストップの頻度は、エアコンを頻繁に使用するような場面では停止に対して70%程度、さらにエンジンが再始動してしまうこともしばしばであったため、例えばスズキの「エコクール」のようなエアコンの冷気を蓄えることでアイドリングストップの頻度、時間が増えるような対策を進めて欲しい。エンジン再始動に関してはセルモーターの音量、再始動の早さともに及第点といえる。

アイドリングといえば、アイドリング中の振動は非常に大きくてやや不快感も覚える。基本設計の古い3気筒エンジンというハンデはあるにせよ、マーチやノートといった日産の3気筒エンジンでそういった不快感を覚えることがないのを考えると、振動の低減かアイドリングストップ時間の延長といった対策を望みたい。

また自立自動ブレーキの「スマートアシストII」には先行車発進お知らせ機能も付くが、試してみたところ感度が鈍く作動が遅い点は要改善ポイントだ。

トヨタ 新型パッソ

市街地での燃費は「18.0km/L」を記録した。高速道路、郊外路と同様に市街地での実燃費を比べてみると、

◆市街地での実燃費

ダイハツ キャスト NA/21.3km/L

スズキ イグニス/19.3km/L

1.3リッターエンジンを積むコンパクトカーの平均値/16~17km/L

市街地になると排気量の小さい軽乗用車やイグニスのマイルドハイブリッドのメリットがさらに大きくなり、コンパクトカーに対しては車格や排気量なりに燃費が有利という、郊外路と同様の妥当な結果になったといえるだろう。

トヨタ パッソ&ダイハツ ブーン/18.0km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11