autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 軽スポーツモデルの真打、「スズキ アルトワークス」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】 2ページ目

燃費レポート 2016/5/28 14:16

軽スポーツモデルの真打、「スズキ アルトワークス」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】(2/6)

軽スポーツモデルの真打、「スズキ アルトワークス」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】

トルクアップしたエンジンに5速MTが組み合わされた「アルトワークス」

スズキ アルトワークス
スズキ アルトワークススズキ アルトワークス

アルトのスポーツモデル第2弾として昨年の東京モーターショーでの出展を経て、昨年12月に登場したのが今回燃費テストを実施した「アルトワークス」である。

かつてアルトの2~5代目モデルに設定されたワークスは、ターボエンジンを搭載しFFに加えて4WDも用意、ラリーやダートトライアルへの参戦も想定した本格的なスポーツモデルで、軽のスポーツモデルとしては代表的な1台だった。

そして現行モデルで復活したアルトワークスは、ターボRSの存在が明らかになった時点から要望の多かった3ペダルMTや「さらにスポーティなモデルが欲しい」といった声に応え、ターボRSから1年にも満たない短い期間で開発された。

スズキ アルトワークス
スズキ アルトワークススズキ アルトワークス

ワークスはターボRSに対し若干トルクアップされたエンジン(最高出力64ps、最大トルク10.2kgm)に、1速から4速のギア比をクロスさせシフトフィールにもこだわった5速MT(ターボRSに対し変速スピードを早めるなどの専用チューニングを施した5AGS、4WDも設定)を組み合わせたほか、専用チューニングのサスペンション、電動パワーステアリングのセッティング変更、リム幅を広げたアルミホイールを装着。さらにインテリアもレカロシートを装備するなどしてドライバーの気分を盛り上げる演出を施している。

カタログに載るJC08モード燃費は、アイドリングストップに代表される燃費向上に寄与する目立ったデバイスはないものの、FFの5速MTは670kgというアルトならではの軽さを生かして「23.0km/L」という値を誇る。

今回の燃費テストでは、ワークスのFF+5速MT(JC08モード燃費23.0km/L、150万9,840円)を起用。テストは午前7時に開始し、午後3時頃に帰京するというスケジュールで実施。

天候は終日晴天。燃費テストは少々旧聞となる今年1月に実施したため、気温は最低気温0度、最高気温9度という寒さで、交通状況は平均的な流れであった。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルトワークス の関連記事

スズキ アルトワークスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルトワークス の関連記事をもっと見る

スズキ アルトワークス の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15