autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マイルドハイブリッドを搭載したソリオの“本当の燃費”を測ってみた【燃費レポート】 3ページ目

燃費レポート 2016/1/28 18:22

マイルドハイブリッドを搭載したソリオの“本当の燃費”を測ってみた【燃費レポート】(3/6)

マイルドハイブリッドを搭載したソリオの“本当の燃費”を測ってみた【燃費レポート】

スズキ ソリオハイブリッド 燃費レポート/高速道路編

スズキ ソリオハイブリッド 高速道路での燃費テストの様子

高速道路編では、主にソリオハイブリッドの動力性能についてお伝えしよう。

ソリオハイブリッドは高速道路での本線への合流や追い越し加速でアクセルを全開に踏んでもモーターはアシストされないが、1トンを切る車重を生かしてスピードが「スルスルと伸びる」といった印象で、1.3リッター級のエンジンを積むコンパクトカーの加速としては「速い」と断言できる。

エンジン音も快音とまでは言えないものの、低回転域から高回転域までどの回転域でも活発かつ硬質で耳障りに感じることがない音であるのも好ましい。

ちなみに100km/h走行時のエンジン回転数は1,750回転と、コンパクトカーとしては非常に低く抑えられており、これは変速幅の広い副変速機付きCVTの恩恵と言える。

スズキ ソリオハイブリッド 高速道路での燃費テストの様子

また、テスト当日のアクアラインは橋の上で13mという強風が吹いていた。

そのような状況下では、ソリオハイブリッドは全高が高く全幅が狭いという走行安定性という面では不利なディメンション(寸法)であるだけに走行中に若干の修正舵を強いられたが、それは許容範囲といえるレベルであった。

クルーズコントロールが装備されているのは嬉しいのだが・・・

スズキ ソリオハイブリッド クルーズコントロール

なおソリオハイブリッドのデュアルカメラブレーキサポート装着車には、コンパクトカーでは装着できるモデルがまだ少ないクルーズコントロール(先行車追従型ではない通常のタイプ)が装備され、空いた高速道路などでは楽にドライブできる。

しかし筆者がソリオハイブリッドで最も不満に感じたのは、2つのカメラから周囲の情報を収集するデュアルカメラであるにも関わらず、スバルのアイサイトのように先行車追従機能が無いという点だ。

内容を考えれば激安としか言いようのない5万9,400円という低価格を実現したこと自体は事実であり、市街地での使用が主な用途と想定されるコンパクトカーなので、コスト面も考慮して「先行車追従型クルーズコントロールは不要」という判断も理解はできるのだが、先行車追従型クルーズコントロール(停止まで対応するタイプであれば完璧)であったら、どれほどソリオハイブリッドの大きな武器になるのかと考えると、実に惜しい。

スズキ ソリオハイブリッド 高速道路における実燃費は

スズキ ソリオハイブリッド 高速道路における実燃費は「22.1km/L」

高速燃費での燃費は「22.1km/L」を記録した。

この燃費の評価は、ソリオの直接的なライバル車がいないだけに判断が難しいところではあるが、車重がおおよそ1トンで1.3リッター級エンジンを搭載するコンパクトカーの高速燃費での実燃費が21~22km/Lというのが相場であることを踏まえ、車重は軽いものの空気抵抗は大きいというソリオのディメンションを考えると、ソリオハイブリッドの高速燃費での燃費は高く評価できる

この燃費を記録した要因は、車重の軽さと副変速機付きCVTによる巡航中のエンジン回転数の低さが大きく貢献しているに違いないだろう。

スズキ ソリオハイブリッド 高速道路における実燃費/22.1km/L

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23