autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 待望の1.5Lガソリンエンジンを搭載したチューニングベース車両「デミオ 15MB」[試乗・燃費レポート] 3ページ目

燃費レポート 2015/12/29 12:42

待望の1.5Lガソリンエンジンを搭載したチューニングベース車両「デミオ 15MB」[試乗・燃費レポート](3/7)

待望の1.5Lガソリンエンジンを搭載したチューニングベース車両「デミオ 15MB」[試乗・燃費レポート]

マツダ デミオ 15MB 燃費レポート/高速道路編

まずデミオ 15MBの動力性能ですが、当然というか1.3リッターガソリンの5速MTに比べると約15%の排気量アップは絶大で、普通に乗っていると少ないアクセル開度で流れに乗れるためとても楽であり、アクセルを全開にした時の加速もエンジンパワーと排気量アップによりトルクバンドが広がっているのに加えて6速MTになったこともあり、上位のギアでも加速態勢に入れるので、どんな場面でも速く走ることができます

私が乗っていた1.5リッターディーゼルの6速MTに比べると車重の関係もあり、常用域の中間加速ではディーゼルが優勢ながら、アクセルを全開にした際の絶対的な加速力は、高回転まで伸びるデミオ 15MBの完勝でしょう。

しかし、性能とは別の「運転する楽しさ」という点では1.3リッターガソリンの5速MTにも捨てがたい面もあります。

どういうことかといえば1.3リッターガソリンの5速MTはパワーが劣ることに加えギアも正確に選ぶ必要があり、それはそれで車のポテンシャルをより引き出している感じがして、このことが運転する1つの楽しさに繋がっています。

マツダ デミオ 15MB 高速道路燃費テストの様子

エンジン音も前回書いたように「現行ロードスターを彷彿とさせるいい意味の共鳴音も伴った快音」がする1.3リッターガソリンの5速MTに対し、15MBもそういった快音はするのですが15MBが快音を聴かせてくれるのは4,000rpm以上と1.3リッターガソリンの5速MTに比べると快音が聴ける範囲は狭く、気分や雰囲気という意味では1.3リッターガソリンの5速MTの方が盛り上がります。

音質も綺麗な音がする1.3リッターガソリンの5速MTに対し、15MBはトルク感のある太い音という違いがあります。まあこれはモータースポーツベース車である15MBの個性ということで優劣はないと思います。

というのは、モータースポーツベース車、勝負の世界で使われる車は極端なことを言えば「楽しさ」よりも「結果」が求められる訳ですからフィーリングよりも速さが重要となります。

そういった意味では、パワーバンドが広い1.5リッターと6速MTの組み合わせによる速さ、パワーバンドが広ければギアチェンジする回数が減ってタイムに繋がる、ギアチェンジが減ればミスをしてタイムロスをするリスクも減るという好循環に繋がるのも事実で、15MBのキャラクターを考えれば実に正しいものと言えます。

それ以前に、15MBだって十分楽しいエンジン、ミッションなのですから文句はありません。

なお、6速での100km/hのエンジン回転数は1.3リッターガソリンの5速MTの2500rpmに対してタコメーターが小さく確認しにくいのですが、2300rpm程度とギアが6速になったことで若干抑えられていました。

デミオ 15MB 高速道路における実燃費は

マツダ デミオ 15MB 高速道路における燃費は「23.5km/L」

高速道路での燃費は1.3リッターガソリンの5速MTの「22.3km/L」を上回る「23.5km/L」を記録しました。

1.3リッターガソリンの5速MTは、エアコンがフル稼働する真夏のテストだったという不利もありますが、15MBが高速道路の燃費で1.3リッターガソリンの5速MTを上回った要因としては6速MT化により巡航中のエンジン回転数が抑えられていることと排気量アップによるパワーの余裕が挙げられると思います。

マツダ デミオ15MB 高速道路における実燃費/23.5km/L

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29