autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート バカ売れの「ダイハツ キャスト」燃費もライバル車を超えるか!?[実燃費レポート] 3ページ目

燃費レポート 2015/12/22 14:28

バカ売れの「ダイハツ キャスト」燃費もライバル車を超えるか!?[実燃費レポート](3/6)

バカ売れの「ダイハツ キャスト」燃費もライバル車を超えるか!?[実燃費レポート]

ダイハツ キャストスタイル 燃費レポート/高速道路編

ダイハツ キャストスタイル 茂原長南インターにて

高速道路編では主にキャストの動力性能についてお伝えしよう。

NAエンジンを搭載したキャストの絶対的な動力性能は、規格が決まっているだけに大きな差はなかなか出ない軽自動車なので当然と言えば当然なのだが「NAエンジンの軽自動車としては普通、不満を感じることは少ない」。一般道路での使用がメインでたまに高速道路を使った遠出をするといった使い方であれば、NA車でも十分といえるだろう。

なお、100km/hでのエンジン回転数はこれもNAエンジンを搭載する軽自動車の平均値となる2,800rpm程度で、テスト日はアクアラインの橋の上で風がかなり強かったのだが、軽ハイトワゴンとしては横風に対する安定性がよかったことは高く評価できる。

ダイハツ キャストアクティバ Gターボ “SA II”

別の機会にターボエンジンを搭載するキャストアクティバを試したところ、性格としては現在のターボエンジンを搭載する軽自動車のほとんどがそうであるように排気量が660ccから1,000cc程度に増えたような印象で、高回転域での速さに加えて常用域でのトルクの厚さによりアクセル開度がNAエンジン搭載車に対して少ないことは大きな魅力だ。

ただし、NAエンジン搭載車ならワゴンR、ハスラーとも車重が800kgを切っているスズキの軽ハイトワゴンに比べると、キャストは車重がキャストスタイル、キャストアクティバともにNAエンジン、ターボエンジン問わず車重が840kgと若干重いため、スズキの軽ハイトワゴンに比べると加速の軽快さという面では劣るのは事実だ。

ちなみに、キャストの場合はターボエンジン搭載車が上級のGグレードに限られるが、NAエンジン搭載車とターボエンジン搭載車の価格差が102,600円と比較的安いこともあるので、軽のターボ車は人気車であるため処分する際の査定が期待できることもあり、遠出に使うことが多かったり予算に余裕があるというならターボエンジン搭載車を勧めたい。

それだけに、キャストに希望したいのが「クルーズコントロールの設定」だ。

クルーズコントロールは空いた高速道路、幹線道路であれば先行車追従型でなくとも疲労軽減に絶大な効果があり、ターボエンジンを搭載するホンダの軽自動車全般、スズキ ワゴンRスティングレーのターボエンジン搭載車にクルーズコントロールの設定があり、キャストもターボエンジン搭載車だけでもクルーズコントロールが欲しいところだ。

ダイハツ キャストスタイル 高速道路における燃費は21.9km/L

高速道路での燃費は「21.9km/L」であった。

この数値は過去の燃費データがあるNAエンジンを搭載している軽ハイトワゴンと比較すると、スズキ ハスラー(超簡易型ハイブリッドSエネチャージを搭載する前の初期モデル)の「22.8km/L」、ホンダ N WGNの「23.8km/L」に見劣りする結果となった。

傾向としては、軽自動車ではよくあることなのだがスピードが80km/h以上になると燃費の低下が大きいように感じられた。

ダイハツ キャスト X“SA II” 高速道路における実燃費/21.9km/L

スズキ ハスラー(NAエンジン・Sエネチャージ搭載前)高速道路における実燃費/22.8km/L

ホンダ N WGN(NAエンジン)高速道路における実燃費/23.8km/L

ダイハツ キャスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28