autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マニアック視点でみる「マツダ デミオ XD」[解説&実燃費レポート] 3ページ目

燃費レポート 2015/12/2 15:55

マニアック視点でみる「マツダ デミオ XD」[解説&実燃費レポート](3/3)

マニアック視点でみる「マツダ デミオ XD」[解説&実燃費レポート]

デミオ「XD」の実燃費は!?

マツダ デミオ XD シフト

その他に感じたこととしては、ディーゼルMTのデミオが体に染み込んだ私がしばらくぶりにディーゼルATに乗ると、中低回転域の太いトルクを持つディーゼルATは、高回転域が回るディーゼルMTと比べても甲乙つけがたい魅力を持っていることを実感します。

さらに、アイドリング中の音量やアイドリングストップでエンジン停止、再始動時の音がMTの方が静かな傾向にある(個人的にはディーゼルらしさといえる範囲にあると評価しているので、大きな問題ではないと思っています)といったことが挙げられます。

テスト中の燃費は参考値となりますが、首都高を流れに乗って100kmほど走って「23.7km/L」(DPFの再生1回あり)、まずまず流れる横浜市内の市街地を約30km走って「15.4km/L」でした。

この燃費はディーゼルMTの高速道路なら10%落ち、市街地なら主にATのシフトアップのタイミングの差で20%落ちといったところですから、妥当なところと言えるでしょう。

なお、アイドリングストップは最高気温が35度にも達する真夏日でも頻度、時間は予想以上に長かったことは高く評価できます。

「XD」と「XDツーリング」、おススメグレードはどっち?

ここまで“乗っている分には”好印象だったXDですが、「人に聞かれたらXDとXDツーリングのどちらを勧めるか」と聞かれたら、「自信を持ってXDとは言えない」というのが私の結論です。

マツダ デミオ XD オプションのオートAC

理由を挙げると、XDにクルーズコントロールやLEDヘッドライトが欲しいとなると、この2つ以外にもオートエアコンやカードキーが装着される「LEDコンフォートパッケージ」(9万7,200円)を選ぶことになり、XDツーリング(194万4,000円)との価格差が6万4,800円に縮まってしまいます。

さらにATでパドルシフトが欲しいという場合はディーラーオプションで設定はありますが、さらに2万円掛かります。

そして、XDにヘッドアップディスプレイ&大型タコメーター、革巻きステアリングを着けることは一般的にはメーカーオプション、ディーラーオプション含めて出来ません。

要するに“クオリティの高さ”を売りにするデミオのさらにプレミアム感の高いディーゼルの場合は価格よりも豊富な装備、インテリアもシート生地がグレードアップし、ダッシュボードのパネルも合皮になりさらにクオリティの高さが際立つ「XDツーリング」系が欲しくなってしまいがちということなのだと思います。

そう考えると「だから俺はXDツーリングにしたんだな」と、自分のことだけに後からでも妙に納得してしまうのです。タイヤ&ホイール、足回りに関しては当然お金と引き換えですが、後から対応することも可能な訳ですし。

ただ以前にも書いたことがありますが、XDだとディーゼル補助金がAT5万円、MT3万円と、XDツーリング系のAT2万円、MT1万円に対して大きいですから、「あまりオプションを付けずにとにかく安くデミオディーゼルに乗りたい」という人には向いたグレードであると言えるでしょう。

筆者: 永田 恵一

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20