autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた 4ページ目

燃費レポート 2015/10/15 17:40

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた(4/5)

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた

「トヨタ アルファード」燃費レポート/市街地編

トヨタ アルファード 市街地イメージ

市街地編でも、アルファード2.5リッターNAの印象は全体的に良好であった。

まず感じたのがドライバビリティ(運転のしやすさ)だ。アルファード 2.5リッターNAは常用域のトルクの太さに加えてアクセルやCVTのレスポンスも非常に自然であるため、1名乗車で普通に走っていれば1500回転以下で無用な気遣いなく流れに乗ることができ、楽に運転することができる。

アルファード 2.5リッターNAにはエコモードも備えられており、オンにするとアクセルレスポンスやエアコンの効きがいい意味で鈍めでマイルドになるといったお決まりの変化が感じられ、フル乗車時など以外は基本的にオンにしておくことを勧めたい。

トヨタ アルファード 電動パーキングブレーキトヨタ アルファード ブレーキホールド表示

そして現行アルファード&ヴェルファイアには全グレードにスイッチ式の「電動パーキングブレーキ」と「ブレーキホールド機能」が標準装備されている。

この効果は素晴らしく、ブレーキホールドを使うにはエンジン始動後に毎回スイッチをオンにしなければならないという手間はあるものの、オンにしておけば停止後ブレーキペダルを軽く踏み足せば電動パーキングブレーキが作動して停止状態が維持され、アクセルを踏めば解除されるので、渋滞中の疲労低減に大きく貢献してくれる。

最後はアイドリングストップに関してだが、トヨタのアイドリングストップは停止後にブレーキペダルを踏み足すとアイドリングストップを開始するという、一時停止や「止まりそうで動き出す」といったシーンがよくある渋滞中でも無用なアイドリングストップが起きないという意味では好ましいタイプで、ブレーキホールドとのマッチングも申し分ない。

トヨタ アルファード アイドリングストップモード

加えてアイドリングストップ自体もエンジン再始動時のセルモーターの音が車内にはほとんど聞こえない点や、冒頭で書いたようにノーマルとロングのモードを持つことや、アイドリングストップできない理由や停止中にエンジンを再始動した理由のインフォメーションが豊富な点も高く評価できる。

アイドリングストップの頻度と時間は、頻度の方はテスト日の気温であれば停止する度といえるほど多かったが、時間の方はキャビンの大きさゆえかキャビンの温度をキープすべく短時間アイドリングストップした後エンジンが再始動してしまうことが多く、燃費という意味では不利であった。

またアイドリング中のエンジンの振動は優れたハンドリングを得たことと引き換えとなった部分もあるのか大き目であった。

このことはアイドリングストップする時間が長くなるであろう気候のいい季節であればそれほど気にならないだろう。

トヨタ アルファード 市街地燃費

市街地での燃費は、オデッセイの「8.6km/L」に劣る「7.8km/L」であった。

市街地での燃費がオデッセイに劣った要因としては交通状況、気候の違い、ストップ&ゴーが多い市街地では車重の重さが影響したことに加え、オデッセイも同じ傾向があったが、エアコンを作動させるためアイドリングストップの時間が短くなりがちであったことが考えられる。

市街地の燃費自体は2.5リッター級のNAエンジンを積む大型ミニバンとしては及第点といえる数値だろう。

トヨタ アルファード 2.5G 市街地における実燃費/7.8km/L

ホンダ オデッセイ G 市街地における実燃費/8.6km/L

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26