autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた 2ページ目

燃費レポート 2015/10/15 17:40

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた(2/5)

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた

「トヨタ アルファード」燃費レポート/高速道路編

アルファード&ヴェルファイアは先代モデルから高級車としても認知されつつあったが、インテリアの細部に俗に「見る人が見れば分かってしまう」と言われるようなコストダウンの形跡や乗り心地の悪さなど、高級車のイメージに追い付いていない箇所がいくつか散見されており、筆者としては残念に感じていた。

しかし現行アルファード&ヴェルファイアは、ベーシックなパワートレーンである2.5リッターNAでもメーカーが主張する通りのまさしく高級車へと進化しており、大変驚いた。

その驚きの具体的な要素について後述していきたい。

トヨタ アルファード 高速道路イメージ

まず、2.5リッターNAを搭載する現行アルファード&ヴェルファイアの動力性能から見ていくと、追い越し加速時や高速道路本線への合流でアクセルを全開にした際の絶対的な加速力自体は十分なゆとりを備えているものの、2.5リッターNAエンジンを搭載する大型ミニバンとしては平均的だ。

しかし、エンジン音は高回転域まで澄んでおり耳障りではない気持ちのいいものであることは高く評価できる。

なお、100km/h走行時のDレンジでのエンジン回転数は1,700回転と低く抑えられていた。

直進安定性も、ステアリングのセンター(中立)付近がしっかりと落ち着きがあり安定性も高い。

さらに静粛性も高く乗り心地もしなやかであるため、テスト車は先行車追従型ではない通常のクルーズコントロール付だったが、追従型でなくともクルコンを使いながらまるでクルーザーに乗っているような大きな気持ちで、燃料が尽きるまでどこまでも行けそうな高い快適性を備えていた。

トヨタ アルファード 高速道路燃費

高速道路での実燃費は「13.7km/L」であった。この値は2トン近い車重や1,900mm近い全高が原因となる空気抵抗の大きさなどを考えると、納得のいく数値と言えるだろう。

なお、今回は過去に燃費テストを実施している競合車の「ホンダ オデッセイ G」(7人乗り・JC08モード燃費13.4km/L)の燃費も併記していく。

トヨタ アルファード 2.5G 高速道路における実燃費/13.7km/L

ホンダ オデッセイG 高速道路における実燃費/14.3km/L

実燃費ではオデッセイの方が優勢であるが、これはオデッセイの車重がアルファード 2.5 NAの約2トンに対し約1.8トンと200kgも軽いこと、冒頭で書いたように全高が200mm近く違うことによる空気抵抗の違いによるところがかなり大きい。

この結果は、同じ大型ミニバンといっても現行アルファード&ヴェルファイアとオデッセイに大きな性格の違いがあるという象徴と言えるだろう。

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24