autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編] 2ページ目

燃費レポート 2015/9/28 09:37

【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編](2/5)

関連: ボルボ S60 , ボルボ V60 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]

勝負は走る前から・・・参戦車両はイコールコンディションではなかった!

【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎

我々は初日の朝イチに羽田から鹿児島まで空路でイッキに飛び、車両を受け取って広島まで走行し、宿泊。

翌日、同じクルマで東京まで走行、という1泊2日のスケジュールだ。

車両は、「S60 D4 SE」1台に「V60 D4 SE」の2台と、S60・V60の各「D4 R-DESIGN」、計5台が用意されていて、ジャンケンにより3番目に選べることに。 1番目と2番目のチームは、2.2リットルのハンディを重く見てか、ワゴンのV60のD4 SEを選んだので、我々は迷わずS60 D4 SEを選んだ。それはもちろん、タイヤの太いR-DESIGNでは勝ち目はないだろうからね。

車両を受けとり、シートに収まって「1583km」と表示されたオドメーターを見てちょっとビックリ。

往路で1300km超を走ったはずなので、まさしく「おろしたて」のクルマということだ。

【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎

普段から積極的に活用したい「ECO+モード」

【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎

せっかく鹿児島に来たのに、鹿児島らしいところを走ることもなかったのはちょっと残念だけど、一路、九州自動車道を目指す。

スタート地点から約1.7kmで最寄りの溝辺鹿児島空港ICに到達し、その時点では燃費は、13.7km/Lの表示。

そこからみるみる伸びて、10kmあまり走ったところで20km/L、さらに20kmほど走ったところで、早くも25km/Lを超えた。

ルートは自由なものの、我々はあらかじめ伝えられた推奨ルートを走ることに。

エアコン(AC)の使用は不問だが、気温も高くなかったので、「AC」に入らない「ECO+モード」を選択。

車速は、瞬間燃費計を参考に適宜調整するが、基本的に80km/hが目安だ。ボルボ自慢の全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は使わず、微妙なコントロールをするために靴も脱いでしまった。

メーター内の航続可能距離は「1500km」と表示される・・・!

【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎

ご参考まで、ECO+モードを選ぶと、条件が整うと65km/h以上でコースティング(エンジン・トランスミッションを切り離す惰性走行機能)となる。

ちなみにボルボの2016年モデルでは、ECO+モードを選んでエアコンを入れると、ACアリとACナシの中間ぐらいの制御になる機能が新たに備わった。あまり暑かったり窓が曇ったりしたら、そのモードを使うことになるかもしれないが、ひとまず大丈夫だ。

ふと残りの走行可能距離を表示させると、なんと1500kmと出ていて驚いた。それがのちにさらに伸びることになるわけだが…。

早くも燃費計は「28km/L」を表示した

【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎【燃費】ボルボ ディーゼルで挑む!鹿児島→東京1300km 無給油エコラン[Vol.1/前編]/岡本幸一郎

ちょっと早めの昼食を採ろうと、「えびのPA」(宮崎県えびの市)に立ち寄り。

県境の登坂路を下り、その次の「山江SA」(熊本県球磨郡山江村)あたり(走行約64km)で、燃費は28.0km/Lまで向上した。

熊本県に入ると、少し前からポツポツきていた雨が本降りになり、その先しばらくは降ったりやんだりという状態が続いた。

ちょうど阿蘇山の噴火が話題となっていたタイミングなので、噴煙でも見えるのかと思ったら、空は厚い雲で覆われていて何も見ることができなかったのはちょっと残念だ。

[そしてまだまだ伸びた燃費記録・・・次ページへ続く!]

ボルボ S60 関連ページ

ボルボ V60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円