autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.3 市街地編・総評 2ページ目

燃費レポート 2015/9/7 17:45

人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.3 市街地編・総評(2/2)

人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.3 市街地編・総評

ホンダ S660 α(6速MT) 総合実燃費/17.5km/L

ダイハツ コペンローブ(CVT)総合実燃費/17.5km/L

意外と迷うことは少ないであろう、S660とコペン

S660・コペン・ロードスター

はじめに軽のオープンスポーツという意味で同ジャンルに属する「ダイハツ コペン」とS660との比較から書くと、この2台は「普通の軽自動車をベースとすることでラゲッジスペースに代表される実用性を確保、各要素をほどよくバランスさせた“コペン”」と「各部を専用設計とし、実用性という部分では相当な犠牲を払っているのは事実ながら、引き換えに飛び抜けたドライビングプレジャーを持つ“S660”」という明確な棲み分けを持つ。

また、コペンなら1台で生活することも可能だろうが、S660は別に実用車があった方が望ましいといった違いもあり、それだけに価格を含めた各々の優先順位や好みを考えれば自ずと自分に向いた方を選ぶことができ、この2台で迷う人は少ないのではと考える。

他の国産オープンスポーツとは明確に異なる個性を持つ

86・BRZ・ロードスター

S660そのものに関しては、スポーツカーと一口に言っても各部をバランスさせたクーペである「トヨタ 86&スバル BRZ」、ボディタイプこそ違うものの86&BRZに近い性格の2シーターオープンカーと言える「マツダ ロードスター」、溢れんばかりのパワーを持つ「日産 フェアレディZ」など日本車だけでもいろいろなタイプのオープンカーが存在するなかでS660は「とにかくドライビングプレジャーの高さに特化した」という際立った濃厚なキャラクターを持っていることを高く評価したい。

また、S660に近いキャラクターを持つスポーツカーは「ケーターハム7」や「ロータス エリーゼ」「ロータス エキシージ」といったところだが、オープンカーのソフトトップのような素材でできたドアすらオプションのケーターハム7に比べれば快適かつ実用性は数倍高く、方向性こそ違うもののケーターハム7と肩を並べるドライビングプレジャーを持ち、そこは軽バージョンのケーターハムも同様だが、軽自動車の特典で安い維持費で乗れるS660というのは「日本人でよかった」と思えるところだろう。

それだけに筆者としては、軽自動車としては高い198万円からというS660の価格も高く感じられず、思い出すたびに今欲しい車の1台として脳裏をよぎるのだ。

最後に、S660の購入を迷っている人に対しては、維持費の安さと超人気車であるだけに相当の高値で売れるという強みを持つことを前提に、無責任かもしれないが「“買って後悔する”と“買わないで後悔する”であれば、前者の方がいいのではありませんか」とアドバイスしたい。

筆者: 永田 恵一

ホンダ S660 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円