autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.2 郊外路編

燃費レポート 2015/9/3 15:25

人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.2 郊外路編(1/2)

人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.2 郊外路編

ホンダ S660の“実燃費”を、高速道路、郊外路、一般道で測定!前回の高速道路編に続き、今回は郊外路編をお送りいたします。前回の高速道路編については、以下からどうぞ。

人気軽オープン「S660」の本当の燃費を測ってみた/vol.1 高速道路編

期待値を超えてドライビングの楽しさを与えてくれるホンダ S660

ホンダ S660 イメージ

郊外路は“オープンスポーツ”というジャンルからS660が最も輝く走行シーンであることを誰もが期待したいところだと思うが、S660は期待を裏切らないどころか期待以上のドライビングプレジャー(運転する楽しさ)を与えてくれた。

まずハンドリングは、前述したようにミッドシップやリアエンジン車で懸念されるフロントの接地感の乏しさはなく、フロントエンジン車のような安心感の中で運転できる。

そしてステアリング操作に対する反応もシャープ過ぎることはなく、操作に比例するような感じで過度な緊張感を持たずに曲がることを楽しむことができる。

S660が持つ“安心感の高さ”は果たして何なのか

ホンダ S660 リアタイヤホンダ S660 シフトノブ

またS660が持つ“安心感の高さ”は、リアタイヤが195幅という軽自動車では常識外のサイズである上に、コーナリング中の横Gのピーク値が1.2G(1Gが自重、つまり首でいえばS660で限界コーナリングをすれば頭の重さを5kgとして自分の首に6kgの重さが掛かるということ)という超高レベルのコーナリング性能を備えており、公道で限界を超えるというケースはまずないと言えるほどの性能を持っていることも大きく貢献しているだろう。

また、ブレーキフィールも軽自動車としては平成ABCトリオ(「オートザム AZ-1」「ホンダ ビート」「スズキ カプチーノ」)以来と思われる4輪ディスクという、これも軽自動車としては贅沢なブレーキシステムが装備されている。

加えてブレーキには入念なチューニングが施されているようで、ブレーキを踏んだ際にポルシェに代表される高級スポーツカーのような広いコントロール幅を持ちながら、適度にガッチリとした踏み応えがあることも素晴らしい。

S660のブレーキフィールの良さは、駐車場を徐行するようなスピードでもブレーキを踏めば体感できるはずだ。

そしてシフトフィールはというと、ビートのようなシフトレバーが短くてカチッとしたタイプでないものの、シートに座って実にしっくりと感じる位置にシフトレバーが存在している。

フィーリングはしっとり感と節度感とが絶妙にバランスされており、どのギアにもスッと入ってくれる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円