autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート ホンダ 新型ステップワゴン 燃費レポート vol.1/高速道路編 2ページ目

燃費レポート 2015/08/03 16:51

ホンダ 新型ステップワゴン 燃費レポート vol.1/高速道路編(2/2)

ホンダ 新型ステップワゴン 燃費レポート vol.1/高速道路編

先代2リッターモデルと遜色の無い運転感覚

ホンダ 新型ステップワゴン 海ほたるにて

“走行性能”という点において新型ステップワゴンで最大の魅力であり、最も驚かされたのが「1.5リッターターボの完成度の高さ」であった。

ダウンサイジングターボはその名の通り排気量が小さいこともあって、発進時や巡航からの加速の際にかつてよく使われた言葉「ターボラグ」(アクセルを踏んでから過給機が作動するまでタイムラグ)に近いレスポンスの悪さを感じる車種もあるのだが、新型ステップワゴンではそういったネガティブな面はまったく感じられず、ほとんど従来の2リッターNAと同じ感覚で運転することができる。

そんなエンジン特性だけに、常用域のドライバビリティ(アクセル操作に対するレスポンスに代表される乗りやすさ)に加え、アクセルを全開にした際の瞬発力も同クラスの2リッターNAを搭載するライバル車(先代ステップワゴンを含む)以上であり、「エンジンのホンダ」という言葉を久々に思い出させるほどであった。

この性能を体感すると「状況域では2.4リッターNA並のトルク」というホンダの主張も全面的に納得することができる。

なお、100km/h走行時のエンジン