autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ CX-3 燃費レポート ~ハイブリッドカー超えの実燃費を叩き出すディーゼルターボ~ 3ページ目

燃費レポート 2015/6/8 13:27

マツダ CX-3 燃費レポート ~ハイブリッドカー超えの実燃費を叩き出すディーゼルターボ~(3/5)

マツダ CX-3 燃費レポート ~ハイブリッドカー超えの実燃費を叩き出すディーゼルターボ~

マツダ CX-3 燃費レポート/郊外路編

郊外路では、CX-3がCX-5以降のマツダ車と同様に“運転する楽しさ”を備えていることが確認できた。

その楽しさをハンドリングから振り返ると、個人的にマツダ車のドライブフィールを「非常にレベルの高い中庸」と表現しているのは最近のマツダ車と同じで、例えばステアリング操作に対する車の動きがシャープであるなど、格別刺激的な部分があるというわけではない。

しかし、CX-3はデミオに比べてタイヤの太さ、全幅の広さという有利な面を備えている上、ベースとなったデミオの美点であったステアリング操作に対しての自然なロールの起き方や、忠実に車が動いてくれるというライントレース性の高さなどが、デミオと比べて全高と最低地上高がそれほど変わらないためそのままプラス要素となり、結果としてデミオの美点がさらに助長されていた。このことは、個人的にはCX-3の大きな魅力の1つだと評価している。

また、絶対的な速さこそ高速道路編でもお伝えしたようにそれほどではないが、上り坂などではディーゼルエンジンの中低速トルクは頼もしく感じられた

さらに、6速ATの完成度も最近のマツダ車と同様にシフトアップの早さやスムースさ、ダイレクト感に加えて、シフトダウン時の見事なブリッピング、シフトダウンの早さなど文句のつけようがなく、このこともCX-3の大きな魅力になっている。

そしてデミオと同様にブレーキのフィーリング、コントロール性が素晴らしいものであることも高く評価したい。

マツダ CX-3

それだけに、1つ残念なのが「乗り心地の悪さ」だ。

CX-3の乗り心地は路面の大きな凹凸を通過した際に強い突き上げを感じるというタイプではなく、高速道路の繋ぎ目などを通過した際の収まりなどはまずまずなのだが、路面のうねりや補修跡を通過するとリアの動きがバタバタと常に落ち着かず、乗っている時間が長くなるにつれて余計に悪さが目についてしまうというのは非常にもったいない。

いい部分も多い車だけに、乗り心地は早急な改善を望みたい。

郊外路の燃費は「20.1km/L」と、郊外路でもリッター20kmオーバーを記録した。

ヴェゼルハイブリッドの21.6km/Lには一歩劣る数値となったが、この結果はヴェゼルハイブリッドがEV走行も可能なことや、CX-3がATのシフトアップのタイミングの問題で郊外路のペースでは4速までが中心で5速に入ることはあっても、6速に入ることは皆無であるなど、良し悪しというよりディーゼルとハイブリッドの得意分野の違いによるものといえるだろう。

マツダ CX-3 郊外路の実燃費/20.1km/L

※ホンダヴェゼルハイブリッド 高速道路の実燃費/21.6km/L

マツダ CX-3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-3 の関連記事

マツダ CX-3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-3 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-3 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24