autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型デミオディーゼル(6速MT)燃費レポート[エコラン・燃費アタック編]/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2015/4/13 19:37

マツダ 新型デミオディーゼル(6速MT)燃費レポート[エコラン・燃費アタック編]/永田恵一(4/5)

関連: マツダ デミオ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一
マツダ 新型デミオディーゼル(6速MT)燃費レポート[エコラン・燃費アタック編]/永田恵一

マツダ 新型デミオディーゼル(6速MT)燃費レポート[エコラン・燃費アタック編]/市街地編

市街地でのエコランも交通量が少なかったこともあり、方法は郊外路とほぼ同じです。市街地でのエコランのスタート時は695.5km走行、残り走行可能距離84kmと「何とか東京に帰れるか?」という状況でした。

スタートしてそれほど距離を走ってない段階で、デミオの瞬間燃費計は通常アクセル全閉で燃料カットになっている状態でも最高値の60km/Lにならない、停止中もアイドリングストップせず気にしていないとちょっと聞き取りにくい「グモモー」という音がするという変化が。

そう、またもDPFの再生です。「さっきやったばかり、160kmも走っていないのにまた?」とさすがにショックを受けます。

このことを、走り方も含めてCX-3の試乗会の際にマツダの開発陣に聞いてみると、

「あまり低い回転を使いすぎるとDPFにススが非常に溜まりやすいです」ということはレースの予選のようにかなり短いスパンのうちに一発だけでいいから燃費を出したいならともかく、低い回転の使い過ぎはDPFの再生が増えて結局燃費を損するということになります。

予想外のDPF再生が自分の作戦ミスなんて、抜けているところがある私らしいやら情けないやら。

DPFの再生で燃料を使ってしまうのはアイドリングで燃料を使ってしまうのと同じようにもったいないことですから、だったらあまりに低い回転は使わず、たまには(可能なら1日1回くらいは)エンジンを高回転まで回してDPFに溜まったススを飛ばしがてら爽快な加速を楽しんだ方が、総合的に見れば得と言えると思います。

また、マツダのディーゼル車のATのシフトアップのタイミングが遅いのも、エンジン回転数を比較的高く保ってDPFの蓄積を抑えるためという意味もあるのかもしれません。精神的にはヘコみましたが、いい発見でした。

新型デミオディーゼル(6速MT)エコラン 市街地燃費

その後、先ほどのDPFの再生のせいもあるのか約715km走行、残り走行可能距離41kmで燃料残量警告灯が点いたため、「ディーゼル車はガス欠をさせるとエア抜きなどが必要で大変」と聞くこともあり、無給油での帰京は諦め給油します。この時点での満タン法での燃費は24.9km/Lで、700km以上無給油で走れたことは素直に褒めてあげたいです。

DPF再生後は正直戦意喪失してしまったこともあり、市街地でのエコラン燃費は「17.4km/L」と、これまで約6,000kmデミオに乗ってきて「こんな燃費見たことない」というくらいに悲惨な結果でありました。こんな時に限って・・・という気持ちで一杯です。

ただ、一般道をかなり多く、自宅からの移動も含めれば1日で500km近く走っても、デミオがドライバーをそれほど疲れさせない車であることを確認できたのは大きな収穫でした。

マツダ デミオ XDツーリング (6速MT)の市街地でのエコラン燃費/17.4km/L

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25