autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】マツダ デミオ [ガソリン車・4代目] 燃費レポート/永田恵一 2ページ目

燃費レポート 2015/2/13 18:13

【燃費】マツダ デミオ [ガソリン車・4代目] 燃費レポート/永田恵一(2/5)

【燃費】マツダ デミオ [ガソリン車・4代目] 燃費レポート/永田恵一

マツダ デミオ [ガソリン車・4代目] 燃費レポート/高速道路編

マツダ 新型デミオ [ガソリン車・4代目]/高滝湖

まず最初に新型デミオのガソリン車を試乗した全体的な印象を短い言葉でまとめると「非常にレベルが高い中庸」である。

この表現は「運転がつまらない、退屈」といった誤解を招きかねない部分もあるが、そういった意味はまったくなく、むしろ「飽きることなく長期間いい付き合いができそう」という好意的なものだ。

高速道路編では、主に動力性能について報告しよう。

マツダ 新型デミオ [ガソリン車・4代目]/茂原長南インター

高速道路の本線合流や追い越し加速などで、アクセルを全開にしたときの絶対的な加速力は特に目を見張るものはなく、1.3リッター級コンパクトカーの平均値といったレベルである(筆者はこういった表現を1.3リッター級のコンパクトカーをテストする度に使っているような気がするが、車重やエンジンのスペックにそう変わりなく、かつ自動車メーカー各社が軽自動車を除く最多量販車であり最新技術を素早く投入するクラスだけに、絶対性能に大きな差はないのも今更ながら当然だ)。

しかし、現行デミオの1.3リッターガソリンエンジンは同クラスのコンパクトカーの中では「高回転域で気持ち良く回る」といった爽快感こそないものの、レッドゾーンの6,500rpmまでキッチリ回って好感が持てるタイプで、このエンジンの排気量アップ版でありアクセラのベーシックグレードに搭載される1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルに通じる素性の良さを感じさせる。

また、前頁の概要で記載したことの裏付けにもなるが、マツダのスカイアクティブ-G(ガソリンエンジン)に共通する中低速トルクの太さも確認できた。これも、美点の1つだ。なお、6速100km/hのエンジン回転数は2,000rpm強といったところであった。

マツダ 新型デミオ [ガソリン車・4代目]/高速道路における実燃費

高速道路での燃費は、「22.2km/L」を記録した。今回は今までに記録データがある先代デミオを含んだ1.3リッター級のガソリンエンジンを搭載したコンパクトカーの燃費も参考のため記載するが、「22.2km/L」という燃費は僅かな差ながら同クラスの最高値であった。

このことは、このクラスでは主流になっているCVTに対してデミオのトルクコンバーターを使う6速ATの方が速度域が高くなると駆動ロスが少ないというメリットや、マツダが掲げた“ロングレンジドライブ”や“燃費”といった目標を実現した象徴と言えるだろう。

【高速道路における実燃費】

マツダ デミオ 13S Lパッケージ(6速AT)/22.2km/L

マツダ デミオ 13-SKYACTIV(先代モデル)/ 20.4km/L

トヨタ 新型ヴィッツ 1.3/ 21.1km/L

日産 ノート スーパーチャージャー/21.1km/L

ホンダ フィット 1.3G/21.9km/L

スズキ スイフト 1.2 DJE(デュアルジェットエンジン)/21.8km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14