autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】マツダ デミオ(3代目)燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/9/16 18:39

【燃費】マツダ デミオ(3代目)燃費レポート/永田恵一(3/5)

関連: マツダ デミオ Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部/永田恵一
【燃費】マツダ デミオ(3代目)燃費レポート/永田恵一

マツダ デミオ(3代目)燃費レポート【郊外路編】

現行デミオのビッグマイナーチェンジ前、いわゆるSKYACTIVが搭載される以前のモデルは、軽量化によるボディ剛性の不足なども要因になっていたのか、全体的に安っぽさが気になるというのが率直な印象だった。

そのことはマツダ自身も問題意識を持っていたのか、ビッグマイナーチェンジによりボディ剛性などの向上が施され、大きな問題を感じるほどの安っぽさはほぼなくなり、郊外路では特にそのことを再認識した。

マツダ デミオ (3代目)/ドライバーコンソール

郊外路では主に「ハンドリング」と「乗り心地」において、ビッグマイナーチェンジによる進歩を感じられた。

ハンドリングは、ハンドル操作に対するレスポンスがリニアさに欠けるなど決して上質という訳ではない。だが、ビッグマイチェン前のデミオに比べれば、ハンドルを通して伝わってくる“しっかり感”が及第点にまで向上している。

そして、現行デミオの持ち味である軽さや小ささを生かした軽快な動きを感じられ、テストコースにあるちょっとしたワインディングロードを走ってもそれなりに運転を楽しむことができた。

マツダ デミオ (3代目)/タイヤ&ホイールマツダ デミオ (3代目)/i-M

乗り心地は、タイヤの空気圧がフロント250kPaと高めなせいもあるのか(リアは220kPaと平均的)、路面の凹凸がそれほど大きくないところではサスペンションの動きを感じられ悪くないが、路面の凹凸は大きくなってくるとガタガタとした感じになる。乗り心地もハンドリングと同様に我慢できないほどの不満はないが、上質なところもないという印象だ。

そのほか、現行デミオのSKYACTIVエンジン搭載車にはSKYACTIVテクノロジーの導入と同時に登場した前後左右のクルマの動きを基準に運転技術を採点してくれるi-DMが装備される。

i-DMの装着自体は楽しみながら運転技術を向上できるという意味で高く評価できるのだが、評価項目の1つであるブレーキが操作に対するコントロール幅が狭いものであるというのは残念であった。

郊外路での燃費は「18.0km/L」と、最新のライバル車と比べてもそれなりの値を記録した。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24