autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight 燃費レポート(レヴォーグ1.6GTと燃費比較)/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/7/24 15:19

【燃費】スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight 燃費レポート(レヴォーグ1.6GTと燃費比較)/永田恵一(3/5)

【燃費】スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight 燃費レポート(レヴォーグ1.6GTと燃費比較)/永田恵一

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT 燃費レポート【郊外路編】

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORTスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT/上総牛久駅にて

郊外路では、レガシィツーリングワゴンがステーションワゴンというキャラクターに相応しいハンドリングを備えていることなどが確認できた。

ハンドリングは決してシャープではないが、身のこなしはクルマのサイズや車重を考えれば予想外に軽快であった。ハンドル操作に対するクルマの動きも正確でロールも決して小さくはないが、不安感はまったくない。

全体的にスバル車らしく懐の深いもので、コースにあるちょっとしたワインディングロードを走っていても運転を楽しめた。レヴォーグのようなシャープさやスポーツ性こそ感じられないが、ステーションワゴンという性格を考えれば非常に的を得たセッティングと言えるだろう。

逆に乗り心地は路面の良いところ、路面の凹凸が小さいところでは申し分ないが、路面が悪くなってくると(突き上げというほどではないが)リアの動きが大きくフラット感にやや欠けるところが残念であった。

乗り心地に関しては、アフターパーツのサスペンションなどで後から手を加えるか、2代目以降のレガシィに設定されているビルシュタインダンパー装着車を選ぶことを考えてもいいかもしれない。

ただ、過去にレガシィに乗った際に標準のダンパーでも乗り心地が悪かったという印象はなく、今回の燃費テストにて使用した車が登録から1年少々ながら走行距離が約2万4,000kmであったため、テスト車のコンディションによるものということも考えられる。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT/EyeSightスイッチ

走行モードは「I」「S」「S♯」の3種類があり、この順にアクセル操作に対するレスポンスがシャープになり、エンジン回転数も高めをキープする。

今回の燃費テストで使用した「I」モードでもスタート時に若干レスポンスが過敏に感じることもあるので、普通に乗る際には「I」を選ぶのが得策だろう。

その他ではブレーキを踏んだ際のフィーリングが、最近のクルマは燃費を向上させるためブレーキパッドとディスクのクリアランス(隙間)を広く取っており、ブレーキを踏んだ際のフィーリングに副作用を与えていることもあるが、レガシィは最近のクルマではないことが幸いしたのか、レヴォーグに対しブレーキのフィーリングがコントローラブルで操作しやすかった。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT/郊外路の実燃費は「13.6km/L」

郊外路での燃費は「13.6km/L」と、ここでもレヴォーグの「14.6km/L」には及ばなかったものの、納得できる値を記録した。

スバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EysSight B-SPORT Gパッケージ 郊外路の実燃費/13.6km/L

スバル レヴォーグ1.6GT EyeSight 郊外路の実燃費/14.6km/L

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17