autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】ホンダ ヴェゼル(ガソリン)燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/6/20 10:48

【燃費】ホンダ ヴェゼル(ガソリン)燃費レポート/永田恵一(4/5)

関連: ホンダ ヴェゼル Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部
【燃費】ホンダ ヴェゼル(ガソリン)燃費レポート/永田恵一

ホンダ ヴェゼル(ガソリン)燃費レポート【市街地編】

ホンダ ヴェゼルガソリンモデルで市街地燃費を測定中7ホンダ ヴェゼル ガソリンモデル ブレーキ踏み増しインフォメーション

市街地編では、アイドリングストップ、ECONモード(エコモード)のフィーリングなどについてお伝えしよう。

ヴェゼルのアイドリングストップはフィットと同様に、停止後ブレーキペダルを踏み増すことでアイドリングストップが開始するタイプだ。エンジン再始動の早さやセルモーターの音は申し分なく、及第点といえる。

アイドリングストップに関する不満としては、最近急速に広まっているアイドリングストップに関するインフォメーション(アイドリングストップしない理由、アイドリングストップからエンジン再始動した理由など)が、アイドリングストップをするためにブレーキの踏み増しを促すオレンジ色のペダルの表示くらいしかないことが挙げられる。

ヴェゼルにこの種のインフォメーションが無いのは、登場と普及のタイミングがたまたま合わなかっただけだと思うが、なるべく早い対応を望みたい。

アイドリングストップの頻度は、ストップアンドゴーが多い市街地でもテスト時の気温だったらほぼ毎回と言っていいほど多かったが、暑さのため再始動することは暑さなりに多かった。

ECONモードに関しては、ECONモードを選ぶとアクセル操作に対するレスポンス、エアコンが控えめになるなどこの種のモードとしてはお決まりの変化が感じられた。ECONモードを選んでも加速感やエアコンの効きに不満はない上に、アクセル操作に対するレスポンスがいい意味で鈍くなってアクセル操作がしやすいというメリットも感じられ、普通に乗る限りではECONモードを選ぶことを勧めたい。

ホンダ ヴェゼル ガソリンモデル アイドルストップ&ブレーキホールドホンダ ヴェゼルガソリンモデルで市街地燃費を測定中3

また、ヴェゼルには1.5Lガソリン車にも停止の際にブレーキペダルを踏んだ状態をキープしてくれる「オートブレーキホールド機能」が装備される。この機能はオンにしておけばブレーキペダルによる停止状態がキープできる上に、動き出す際にはアクセルペダルを踏めばブレーキが解除され疲労軽減には非常に有難い。

しかし、1.5Lガソリンに関してはアイドリングストップしながら停止状態をキープすることができない(停止状態をキープするにはエンジンが掛かっていなければならない)点は少し残念であった。

ホンダ ヴェゼルガソリンモデル 市街地における実燃費は「13.8km/L」

市街地でのヴェゼルガソリンモデルの燃費は「13.8km/L」と、ヴェゼルハイブリッドの「19.5km/L」に対してはさすがに完敗となった。

やはりストップアンドゴーが多い市街地では、ヴェゼルハイブリッドはEV走行ができる点、回生制動でバッテリーに電力を戻せることなどで大きな威力を持つことが分かる。

ただし、ヴェゼルハイブリッドは2月のテストだったこともあり、エアコンがフル稼働となる真夏にはエンジンの動力を使わない電動エアコンを持ってしてもエアコン作動のためのエンジン始動が増え、1.5Lガソリンとの燃費の差が縮まることは十分考えられる。

ホンダ ヴェゼル1.5Lガソリン 市街地の実燃費/13.8km/L

ホンダ ヴェゼルハイブリッド  市街地の実燃費/19.5km/L

ホンダ ヴェゼル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ヴェゼル の関連記事

ホンダ ヴェゼルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ヴェゼル の関連記事をもっと見る

ホンダ ヴェゼル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円