autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート/永田恵一

燃費レポート 2014/6/4 16:57

【燃費】トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート/永田恵一(1/5)

関連: トヨタ ヴィッツ Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部・永田恵一
【燃費】トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート/永田恵一

1.3リッターの新エンジンを搭載、燃費を向上させた新型ヴィッツ!

3代目となる「トヨタ ヴィッツ」はトヨタ ディーラー網の中でも拠点数が多いネッツ店で販売されることもあり、2010年12月の発売以来堅調な販売実績を残していた。だが、ここ数年は他のコンパクトカーの進化が著しいこともあって売れ行きは下降気味であった。

そういった事情もあり、ヴィッツは4月に大規模なマイナーチェンジが実施された。

トヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)フロントフェイストヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)エンジンルーム

今回のマイナーチェンジの内容は「キーンルック」と呼ばれる新しいフロントマスクを与えられたことなどもあるが、最大の目玉となるのは新開発の1.3リッターエンジンを搭載したことだ。

新しい1.3リッターエンジンにおける最大の特徴は、ハイブリッドカーに搭載されるアトキンソンサイクルの採用などにより、燃焼させた燃料を動力に変換出来る度合いを表す熱効率をガソリンエンジンとしては世界トップレベルとなる「38%」とし、燃費を向上させたことだ。

アトキンソンサイクルは熱効率が高い反面でパワーを出しにくいという弱点があり、ハイブリッドカーのようにパワーが出ないことを補う何らかのシステムと組み合わせて使うことが多いのだが、新型ヴィッツに搭載された新エンジンでは最高出力「99ps」、最大トルク「12.3kg・m」と、1.3リッタークラスとしては標準ともいえる動力性能が確保されている。

その他にも燃焼ガスを効率よく排気する4-2-1型のエキゾーストマニホールド、クールドEGR(排出ガス再循環システム)、VVT-iE(電動タイプとなった連続可変バルブタイミング機能)、アイドリングストップも採用され、燃費は従来型のアイドリングストップ付きを3.2km/L上回る「25.0km/L」(JC08モード)という数値をカタログに載せる。

この新エンジンを搭載したヴィッツ(FF)はエコカー減税でも重量税、取得税の免税、翌年度の自動車税の概ね25%軽減が適応となる。

その他にも、今回のマイナーチェンジでは1リッターエンジン搭載車、1.5リッターエンジン搭載車の燃費の向上(アイドリングストップの設定も含む)、ボディ剛性の強化、ショックアブソーバーの改良によるハンドリングと乗り心地の改善なども施されている。

今回の新型ヴィッツ燃費テストでは、新しい1.3リッターエンジン搭載車の中では上級グレードとなる「U」(169万8,545円/燃費・25.0km/L/CVT)を起用。

テストは5月20日(火)の正午頃に出発し、20時ごろに帰京するというスケジュールで実施した。天候は晴れのち曇りで、最高気温は26℃という初夏の陽気であったため、エアコンによる負担はそれなりに大きかった。交通状況は全体的にスムースであった。

なお、新型ヴィッツのアイドリングストップはアイドリングストップ時間を「ノーマル」と「ロング」から選ぶことが出来るのだが、今回は「ノーマル」を選択した。

トヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)フロントエクステリアトヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)リアエクステリアトヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)フロントビュートヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)リアビュートヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)サイドビュー

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

燃費試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

燃費試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

燃費試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20