autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一 2ページ目

燃費レポート 2014/4/29 07:07

【燃費】トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(2/5)

【燃費】トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート【高速道路編】

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/ハイブリッドロゴ

車重が1.5トンを超え、空気抵抗が大きい大型車やミニバンまたはSUVにおいて、燃費に良いと言われているパワートレーンは「ハイブリッド」よりも高負荷に強い「ディーゼルエンジン」である。

新型ヴォクシーハイブリッドも前述した要素が当てはまる上に、ハイブリッドのミニバンやSUVの実燃費を計測すると期待ほど良くないということも多々あったため、筆者は「新型ヴォクシー(ノア)は、ハイブリッドもガソリン車も燃費はそれほど変わらないのでは」という先入観を持っていた。

だが、先に言ってしまうと、新型ヴォクシーハイブリッドはそういったイメージを覆すほどの燃費性能を備えていた。

注目の燃費の前に、高速道路での印象をお伝えしよう。

新型ヴォクシーハイブリッドの全体的な動力性能は、ガソリン車とほぼ同等といったところだ。フィーリングとしては、プリウスのハイブリッドシステムを使っているだけに当然ではあるが、プリウスと同じように高速道路本線への合流や追い越し加速でアクセルを全開にするとグイグイとスピードが乗る。

ただし、体感的な加速感の割にスピードメーターの上昇はそれほどではなかったのだが、これは新型ヴォクシーハイブリッドの車重がテストしたGグレードで1,620kgと、車重1,350kgのプリウス(標準グレード)に対して20%も重いためだろう。

高速道路での直進安定性は、テスト当日は横風が強めだったこともあったのか、前回テストしたガソリン車のSi(スポーツグレード)に比べると若干ふらつく、真っ直ぐ走るのに少し気を使うという面はあったが、同クラスの水準レベルであった。

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 燃費レポート/テールランプ・エアロスタビライジングフィントヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド エアロスタビライジングフィン潰し2

ちなみに、最近のトヨタ車には「エアロスタビライジングフィン」と呼ばれるF1の空力技術を応用した空気の流れにあえて渦を発生させることで走行安定性を高めるエアロパーツが装着されているが、新型ヴォクシーにもドアミラーの付け根とテールランプに付けられている。

燃費テスト前日、エアロスタビライジングフィンにガムテープを貼って効果のない状態をテストしてみたのだが、結果はやはりエアロスタビライジングフィンが機能している状態だと、機能していない状態よりも直進状態での落ち着きが(気持ち)増して、エアロスタビライジングフィンの効果を確認することができた。

新型ヴォクシーにおける高速道路の燃費は「20.7km/L」と、このクラスのミニバンでリッター20kmを超えるという驚きの燃費を記録した。

ただ、傾向としてはミニバン自体スピードが上がると空気抵抗が大きいために、燃費の悪化も乗用車より大きいのだが、燃費計を見ているとその傾向がガソリン車のノア/ヴォクシーよりも大きいように感じられ、燃費を伸ばしたいのならば「飛ばさない」ことが最大のテクニックとなるだろう。

なお、前回燃費レポートを掲載した新型ノア (ガソリン車)の燃費結果を比較として以下に掲載したので、ご参考まで。

トヨタ 新型ヴォクシーハイブリッド 高速道路における実燃費/20.7km/L

トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル) 高速道路における実燃費16.3km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17