autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ プリウス 燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/4/17 19:49

【燃費】トヨタ プリウス 燃費レポート/永田恵一(3/5)

【燃費】トヨタ プリウス 燃費レポート/永田恵一

トヨタ プリウス 燃費レポート【郊外路編】

トヨタ プリウス 郊外路での燃費を測定中

これだけプリウスが街に溢れていると、真偽は別としてプリウスは「つまらないクルマ」というイメージをつい持ってしまいがちだが、実は郊外路では意外にも、プリウスは運転していて「楽しい」クルマなのである。

郊外路のコースにあるちょっとしたワインディングロードを走ってみると、バッテリーという重量物をラゲッジスペースに積むことがプラスに作用しているのか、クルマはなかなかに軽快な動きを見せる。

トヨタ プリウス[特別仕様車 S“マイコーデ”] 燃費レポート/インテリア
トヨタ プリウス[特別仕様車 S“マイコーデ”] 燃費レポート/ステアリングトヨタ プリウス[特別仕様車 S“マイコーデ”] 燃費レポート/フロントシート

さらにマイナーチェンジで、ステアリングのフィーリングもマイチェン前に比べてセンター(直進)付近の落ち着きが増し、ステアリングを切った際の操舵感がしっとりとしていることも、運転していて意外と楽しいクルマに仕上げられていることに繋がっているのだろう。

乗り心地についても、マイナーチェンジでかなり改善されている。マイチェン前のプリウスは、言葉で表現すると「ガタガタ」「ゴトゴト」といった、とにかくひどい乗り心地であった。

さらに、この乗り心地の悪さはディーラーなどの短時間での試乗では分かりにくいのがネックで、ある程度の時間(人によって差があるが、大よそ3時間~)が経たないと感じづらいという、非常にタチの悪いタイプであった。

それがマイナーチェンジ後のプリウスでは、ボディ剛性の向上やダンパーの変更が実施され、路面の大きな凹凸などでは「ガタゴト」感を覚えるものの、乗り心地に深くこだわらなければ「まあ、いいか」と思えるほど大幅に改善されている。

トヨタ プリウス 郊外路における実燃費は「28.2km/L」

郊外路でのプリウスの燃費は、なんとアクアの「26.8km/L」を上回る「28.2km/L」を記録した。

車重1,080kgのアクアに対し、270kgも重い車重1,350kgのプリウスがアクアに勝る燃費を記録した大きな要因は“バッテリー容量の大きさ”だろう。バッテリー容量が大きければ、モーターがアシストする領域が増えるのはもちろん、減速エネルギーをバッテリーに貯める回生でも有利となる。実際、郊外路ではかなりの距離をEVで走行していた。

トヨタのハイブリッドカーにはメーター内に回生状況を表示するインジケーターがあり、フットブレーキで減速する際にはインジケーターのチャージ側が振り切れてしまわないように「長く・緩く」ブレーキを踏むことが無駄なく減速エネルギーを貯めて燃費を向上させるコツである。

しかし、現実には周囲の交通状況もあるために「長く・緩い」ブレーキばかりは踏めないのだが、それでもプリウスはアクアに比べるとブレーキが多少乱暴になってしまってもインジケーターは振り切れず、減速エネルギーを無駄なくバッテリーに貯められることが多かった。このことが、アクア以上の燃費を記録した大きな要因であろう。

トヨタ プリウス 郊外路の実燃費/28.2km/L

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19