autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル)燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/4/23 11:00

【燃費】トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル)燃費レポート/永田恵一(4/5)

【燃費】トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル)燃費レポート/永田恵一

トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル)燃費レポート【市街地編】

トヨタ ノア Si(ガソリンモデル)燃費レポート/アイドリングストップインフォメーション「エアコン優先のためエンジンを再始動しました」メッセージトヨタ ノア Si(ガソリンモデル)燃費レポート/アイドリングストップ中のメーターの様子

市街地編ではアイドリングストップのフィーリングなど、常用域で感じたことをいくつかお伝えしよう。

まずアイドリングストップに関してだが、新型ノアのアイドリングストップは「停止後にブレーキを踏み増すとアイドリングストップを開始する」タイプで、一時停止や渋滞中によくある「止まったけどクルマがまたすぐに動き出しそう」といったシーンでも無駄なアイドリングストップが起きず、ドライバーの選択肢が広いという点で好ましい。

エンジン再始動の早さやセルモーターの音量、音質といった部分は特に良さも悪さも感じない平均的なレベルで、今回の燃費テストでは気候が良かったこともあり、アイドリングストップする頻度もほぼ信号で止まる度といった頻度の多さで、アイドリングストップの時間自体も長かった。

アイドリングと言えば、アイドリング時のエンジン回転数は最低で500回転程度と非常に低く、その副作用でエンジンの振動をシートやステアリングを通して感じるが、このことは「アイドリングのエンジン回転数を最低限まで落として燃費低下を抑えている」という環境意識の高さと解釈したい。

トヨタ ノア Si(ガソリンモデル)燃費レポート/ECOモードのメーター内表示トヨタ ノア Si(ガソリンモデル)市街地における実燃費は「11.8km/L」

テスト前には、エコモードも試してみた。

エコモードだとアクセル操作に対するレスポンスやCVTの制御などをかなり燃費方向に振っているのか、慣れるまではスタート時を中心に全体的にクルマの重さを感じた。

このことを考えると1人乗車なら「エコモード」、乗車人数や荷物が多いケースには「ノーマルモード」を選ぶと良いのではないかと思う。

また、新型ノアはベルトライン(側面のガラス部分が始まるポイント)を低くした点など「視界向上」にも力が入っている。このことは、この種のミニバンとしてはボンネットの目視できる部分が広いことなどからも確認でき、運転しやすいクルマに仕上がっていることは高く評価できる。

市街地での燃費は「11.8km/L」と、車重などを考慮すれば予想以上に良い数値を記録した。

トヨタ 新型ノアSi(ガソリンモデル)市街地における実燃費/ 11.8km/L

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ノア の関連記事

トヨタ ノアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ノア の関連記事をもっと見る

トヨタ ノア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24