autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル) 4ページ目

燃費レポート 2014/4/3 17:30

日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル)(4/5)

関連: 日産 エクストレイル Text: 永田 恵一 Photo: 和田清志
日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル)

日産 新型エクストレイル 燃費レポート【市街地編】

日産 新型エクストレイル 燃費テスト[市街地] 走行イメージ1

新型エクストレイルの市街地における印象を、「良かった点」「悪かった点」に分けてお伝えしよう。

まず「良かった点」は、「アイドリングストップの完成度の高さ」と、高速道路編でもお伝えした「中低速トルクの太さ」「CVTのマッチングの良さ」により運転が楽なところが、市街地だと“さらに際立つ”ことである。

日産 新型エクストレイル 燃費テスト[市街地] 走行イメージ4日産 新型エクストレイル アイドリングストップ [市街地燃費計測中]

新型エクストレイルへ搭載されているアイドリングストップは、エンジン再始動が「セルモーター」ではなくオルタネーターとクランクシャフトをベルトで繋ぎ再始動する「ECOモーター式」であるため、エンジン再始動の際にセルモーターの音や振動が無く、信号からの発進時などの快適さは高く評価できる。

アイドリングストップする頻度が多く、アイドリングストップする時間が長いことは、燃費向上に大いに貢献しているだろう。

加えてアイドリングストップの動作が、停止後にブレーキをもう一踏みすることで作動するタイプであることも、クルマが止まるか止まらないかといったケースで無駄なアイドリングストップが起きず、とても好ましかった。

なお、アイドリングの回転数は低いときだと600rpm程度でステアリングに振動を感じるが、この振動はアイドリングをギリギリまで下げて「燃費を抑えている」という“環境意識の高さ”として解釈したい。

運転が楽なことに関しては、具体的には市街地なら2,000rpmを切る程度の回転数で流れに乗れ、60km/h程度のスピードなら1,250rpm程度の回転数で走行でき、このことでも燃費を稼げているように感じた。

日産 新型エクストレイル Aピラー [市街地燃費計測中]日産 新型エクストレイル 市街地燃費テスト/市街地における燃費テスト結果は「11.3km/L」

そして「悪かった点」については、かなりシートを前にする私のポジションゆえかもしれないが、Aピラーの太さ、傾斜が大きいことによる右左折時の「死角が大きい」ことである。

だが、これについては個人差もあると思うので、ディーラーでの試乗の際にはAピラーによる死角が気にならないかどうか、確認して欲しい。

ちなみに、テスト前に「エコモード」も試してみたが、エコモードでも力不足を感じることはほとんどなく全体的に適度なフィーリングとなるので、通常走行時は「エコモード」を使うことをお勧めしたい。感覚的には「エコモード」と乾燥路では「FFモード」を選ぶことで、5%程度は燃費を稼げそうな印象であった。

 日産 新型エクストレイル 市街地における実燃費/11.3km/L

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21