autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/3/22 19:17

【燃費】日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート/永田恵一(4/5)

関連: 日産 スカイライン Text: 永田 恵一 Photo: 和田清志/永田恵一
【燃費】日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート/永田恵一

日産 新型スカイライン(ハイブリッド・V37型)燃費レポート【市街地編】

日産 新型スカイラインハイブリッド 市街地走行イメージ3

市街地では、先行車追従型の「インテリジェントクルーズコントロール」と、テスト前日には「エコモード」も試してみたのでお伝えしよう。

インテリジェントクルーズコントロールは、市街地で使用してみると改良を望みたいところが多々あった、というのが正直なところだ。気になる点としてはまず、減速ではブレーキのタイミングが遅めなのに加え、停止した際の「ガッタン」という揺り返しが不快であった。

また、停止後何秒かはブレーキを掛けてくれるのだが、すぐにブレーキが解除になってしまい、ブレーキホールドシステムがあればと感じる。

加速に関しては、リジュームボタンを上に弾けば先行車を追従してくれるようなのだが、先行車を早いタイミングで見失ってしまいインテリジェントクルーズコントロールが機能しないケースや、先行車を把握していても発進加速が遅いせいなのか、結果的に離れてしまった先行車に追いつくために急な加速になってしまったりと、高速道路での印象とは対照的に運転があまり上手ではなかった。

「エコモード」に関しては、パワー的には有り余るほどのものがあるだけにエコモードでも十分だ。普段乗る際には「エコモード」にしておくことを推奨したい。

日産 新型スカイラインハイブリッド インパネ日産 新型スカイラインハイブリッド 市街地燃費は「12.9km/L」

また、350GTハイブリッドタイプPとタイプSPには、燃費低下に繋がるアクセルワークをアクセルペダルに反力を与えることで抑制する「エコペダル」も装備されている。

このエコペダルは、初期に装備されたフーガハイブリッドの時は反力が強過ぎでお節介に感じたのだが、新型スカイラインハイブリッドに搭載されているものは効きを「普通」にしても(弱めもある)違和感はなく、燃費向上につながるデバイスへと進化したことは評価できる。

市街地での燃費は「12.9km/L」と、ここでも車格や動力性能を考えれば文句のない数値を記録した。

市街地(64.5km)でのEV走行距離も走行距離の50%を超える32.7kmと、市街地での燃費の良さに大きく貢献していると言えるものだった。

 日産 スカイライン 市街地における実燃費/12.9km/L

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19