autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】スズキ ハスラー 燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/3/12 20:21

【燃費】スズキ ハスラー 燃費レポート/永田恵一(4/5)

関連: スズキ ハスラー Text: 永田 恵一 Photo: 和田清志/永田恵一
【燃費】スズキ ハスラー 燃費レポート/永田恵一

スズキ ハスラー 燃費レポート【市街地編】

スズキ ハスラー 市街地の試乗イメージ2

市街地については、ハスラーの燃費の良さが如実に表れる結果となった。

今回は先に結論から述べてしまうが、ハスラーの市街地での燃費は「23.5km/L」と、“ハイブリッドカー要らず”と思えてしまう燃費を記録したのだ。

そこまで実燃費が良かった要因として考えられるのは、「車重の軽さ」「低速トルクの太さ」「CVTとのマッチングの良さ」。この3つにより、市街地において通常の流れに乗る程度であればごく少ないアクセル開度で、エンジン回転数にすると2,500rpm程度で流れに乗ることができた。

また、60km/h程度までのスピードならばエンジン回転数も1,500rpm程度とかなり低く抑えられており、60km/h程度での市街地の巡航については、燃費の良さが瞬間燃費計を見ていても確認できた。

そして、私的にハスラーに乗って一番進歩を感じたのは「アイドリングストップが劇的に良くなった」ことである。

「13km/h」からエンジンが止まるスズキのアイドリングストップは、「スペーシア」「スイフトDJE」の実燃費をテストした際にもお伝えしたのだが、13km/hでエンジンが止まってから停止寸前にブレーキ踏力の調整を行うと、ブレーキ操作への反応が過敏で無用にエンジンが掛かってしまうか、停止寸前のエンジン再始動を嫌って一本調子でブレーキを踏むと停止した後に“ガッタン”という不快な揺り返しが来ることが大きな不満だった。

それが、ハスラーのアイドリングストップでは停止寸前のブレーキ操作に対する反応が適度に鈍くなり、停止寸前にブレーキ操作をしても無用なエンジン再始動することがゼロでないにせよ、ほとんどなくなったのだ。こうなってくれると燃費の向上に寄与する13km/hからエンジンが止まるスズキのアイドリングストップは歓迎できるデバイスとなる。

スズキ ハスラー メーター内ディスプレイ表示2
スズキ ハスラー メーター内ディスプレイ表示3スズキ ハスラー 市街地燃費は「23.5km/L」

アイドリングストップと言えば、ハスラーから付くことになったアイドリングストップが作動しない理由(水温、エアコン、バッテリーの状況など)や、ポーンという音とともにアイドリングストップからエンジンが再始動する理由をインフォメーションしてくれる“アイドリングストップインフォメーション”も、ドライバーがアイドリングストップしない理由が分かるという意味で有難い装備である。

さらに、アイドリングストップからのエンジン再始動も早く、セルモーターの音も小さく抑えられているので、アイドリングストップの全体的な完成度は非常に高いと評価できる。

 スズキ ハスラー 市街地における実燃費/23.5km/L

スズキ ハスラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ハスラー の関連記事

スズキ ハスラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ハスラー の関連記事をもっと見る

スズキ ハスラー の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17