autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/1/29 15:27

マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(3/5)

関連: マツダ アクセラ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一
マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費レポート/永田恵一

マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費レポート【郊外路編】

マツダ 新型アクセラハイブリッド 実燃費テスト 郊外路編 走行イメージ(リア)

郊外路では、新型アクセラハイブリッドが「運転も楽しめるハイブリッドカー」であることを確認できた。

具体的にはリア、しかもリアシート後方というホイールベース内にかなり近い位置にバッテリーという重量物を積むことが好影響となっているのか、ハンドル操作に対しリアがドッシリと安定したコーナリングを楽しめる。

マツダ車に対する“走り”の期待が大きいと「期待値に至らない」という感じ方もあると思うが、相対的に見ればステアリング操作に対する動きが正確で、フィーリングもしっとりとしており高く評価できる。

ちなみにステアリングフィールに関しては、ハイブリッドカーの場合は電動パワステもハイブリッドシステムの一部となっており、新型アクセラハイブリッドもプリウスのシステムを使っているため、改良できる範囲が狭かったという事情もあるようだ。

マツダ 新型アクセラハイブリッド タイヤ&ホイール

コーナーでのロールの起き方や戻り方もゆっくりとしたものであるのに加え、ステアリングフィールが正確であることもあり、クルマの挙動がコントロールしやすいことは、新型アクセラハイブリッドの運転が楽しい理由の1つだ。

挙動といえば、ブレーキフィールもプリウスより格段に確かなものとなっている。

ブレーキに関しては新型アクセラハイブリッド、プリウスともに協調式と言われる回生ブレーキと油圧ブレーキ(ブレーキパッドによる制動)を巧みに使い分け、ハイブリッドカーでは重要な回生ブレーキによるバッテリーへのチャージを無駄なく行うタイプが使われている。

プリウスのブレーキフィールも長年改良されていることもあり、大きな不満を感じることは無くなってきているが、それでも手放しで良いとは言えないのに対し、新型アクセラハイブリッドのブレーキフィールはシッカリとしており、マツダ車らしさを感じることができる。

マツダ 新型アクセラハイブリッド 郊外路燃費は「22.9km/L」

新型アクセラハイブリッドを運転していて1つ、期待値に届かなかったのが「乗り心地」だ。

このクラスのクルマとしては及第点ではあるのだが、大きめのギャップを乗り越えた際などの突き上げが大きいことが残念である。これは、タイヤの空気圧が250kPaと高いことが要因かもしれない。燃費との兼ね合いもあるが、空気圧を調整することで乗り心地が改善されることも考えられる。

今回の実燃費テスト以前にも、何度か新型アクセラハイブリッドには乗った経験があるのだが、その時には乗り心地が悪いどころか良い印象があったので、テスト車の個体差の可能性があることもお伝えしておきたい。だったのかも知れない。

郊外路での燃費は「22.9km/L」と、ここでも納得のいく値を記録した。

「マツダ 新型アクセラハイブリッド-S Lパッケージ」郊外路の実燃費/22.9km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17