autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2013/11/6 20:17

三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート/永田恵一(4/5)

関連: 三菱 アウトランダーPHEV Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部
三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート/永田恵一

三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート【市街地編】

三菱「アウトランダーPHEV」

市街地でもアウトランダーPHEVは前述した通りにハイブリッドシステムが作動し、常に静かでスムーズなドライブが楽しめる。

市街地でも運転支援システムe-Assistを試してみたところ、高速道路での印象とは逆に、市街地では加速は穏やかで好ましいのだが、完全停止まで対応するブレーキ操作に関してはブレーキのタイミングが遅めで急ブレーキ気味になることが多く、不快感も覚えるケースも多かった。

また、停止中のブレーキホールド機能がないのは許容するとしても、停止していた先行車がスタートした際にボタン操作か自動で追従する機能がないこともちょっと残念に感じた。それでも税込9万5000円と比較的安い金額で選べるので、トータルで考えれば装着を大いに勧めたい。

三菱「アウトランダーPHEV」

市街地での燃費は13.1kmと、ここでも車重1.8トンのSUVと考えれば素晴らしい数値を記録した。

テスト前日に確認したバッテリーが満充電状態からEVで走行できる距離は37.8kmだった。カタログに載る満充電からのEV走行可能距離が60.2kmであることを考えるとちょっと乖離が大きく感じる方もいるかもしれないが、この日は午前中に首都圏が台風に見舞われたせいもあったのか本来交通量の多い夕方でも交通量が少なく、市街地の走行にしては流れが速く、そのせいで電費が落ちた感は否めなかった。ペースの遅い市街地での走行だったらEV走行だけで50kmくらい走らせることは十分可能だろう。

三菱「アウトランダーPHEV」

こんなケースに役立つのが、シフトレバー後方にスイッチが配置されるハイブリッドシステムのセーブモードとチャージモードだ。セーブモードはバッテリー残量がEV走行を長くできるくらい多くても、そのバッテリー残量をキープするためハイブリッドカーとして走行するモード。

具体的には前述したようなケースでハイブリッドカーとして走行した方がエネルギー消費が少ないと判断した場合や、住まいで満充電しバッテリー残量は多いが、出発してすぐに高速道路に入るような場合に高速道路に入ったらセーブモードにして次のペースの遅い走行までバッテリー残量を残しておく、進行方向に渋滞があるのを把握したら、渋滞走行のためにバッテリー残量を残しておくといった使い方が有効だ。

三菱「アウトランダーPHEV」

チャージモードは文字通りエンジンを稼働させてバッテリーに電力を貯めるモード。当然発電のためにガソリンを使うことになるが、「目的地でオプションの100V電源(1500W分まで使用可能)から電化製品を使いたい」、「この先夜の住宅地を走るので、そこではEV走行だけで走りたい」といったケースに選ぶと有効だ。

三菱アウトランダーPHEV 市街地の実燃費/13.1km/L

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21